メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2018/12/10 日本経済新聞
  2. 2018/12/07 日経電子版先物取引30周年マーケットレポート
  3. 2018/12/06 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  4. 2018/12/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  5. 2018/12/04 日本経済新聞
  6. 2018/11/26 みんなのコモディティコラム
  7. 2018/11/21 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  8. 2018/11/21 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  9. 2018/11/21 時事通信社「アナリストの目」
  10. 2018/11/15 日本経済新聞
  11. 2018/11/15 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  12. 2018/11/15 日経CNBC『WRAP TODAY』
  13. 2018/11/09 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  14. 2018/11/06 日本経済新聞
  15. 2018/11/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2018/11/02 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  17. 2018/10/31 Yahoo!ファイナンス
  18. 2018/10/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2018/10/23 Yahoo!ファイナンス
  20. 2018/10/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2018/10/17 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  22. 2018/10/15 日経電子版先物取引30周年マーケットレポート
  23. 2018/10/11 時事通信社「アナリストの目」
  24. 2018/10/04 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  25. 2018/10/02 日経CNBC『WRAP TODAY』
  26. 2018/10/01 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  27. 2018/10/01 みんなのコモディティコラム
  28. 2018/09/27 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  29. 2018/09/20 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  30. 2018/09/13 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  31. 2018/09/13 日本経済新聞
  32. 2018/09/12 日本経済新聞
  33. 2018/09/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2018/09/07 Yahoo!ファイナンス
  35. 2018/09/06 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  36. 2018/09/05 日本産業新聞
  37. 2018/09/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2018/09/03 日本経済新聞
  39. 2018/08/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  40. 2018/08/27 時事通信社「アナリストの目」
  41. 2018/08/27 日本経済新聞
  42. 2018/08/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  43. 2018/08/21 みんなのコモディティコラム
  44. 2018/08/20 日経電子版先物取引30周年マーケットリポート
  45. 2018/08/20 みんなのコモディティコラム
  46. 2018/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  47. 2018/08/16 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  48. 2018/08/15 日本経済新聞
  49. 2018/08/14 日経CNBC『WRAP TODAY』
  50. 2018/08/13 日経ヴェリタス
  51. 2018/08/13 日本経済新聞

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成30年8月27日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1
・金を中心とした貴金属の大幅上昇が目立った1日となりました。

 

■Q2:その金の上昇の背景は何でしょうか?
A2FRB議長講演


・米中貿易協議に進展が見られない中、ジャクソンホール会議でのパウエルFRB議長の講演で、従来来通りに緩やかな利上げ姿勢が示されたが、「インフレが2%超で加速する明らかな兆候はなく、経済の過熱リスクは高まっていない」との認識も示したことで、利上げが最終局面に差し掛かっているとの思惑が材料視された。
・週末に長大陽線引けした事で、8月16日の出来高を伴って付けた安値が一番底となる可能性が高まった。
・大口投機玉も2002年8月以来の売り越しとなっているが、相場格言にあるように「投げたら終い」との展開になるのではないか?
・ユーロ安に連れた側面もあったが、ユーロドルは支持線だった1.1500を回復している。

 

■Q3:金にとっては久しぶりの大口投機玉の売り越しですが、過去の大口投機玉の売り越しになった時の値動きを教えて下さい。
A3大口投機玉は2002年以来の売り越しに


・2002年8月の時は、1週で売り越しは終わり、2週目には途転買いとなった。売り越し時に安値を付けて、買い越しと共に下値を固め、上昇トレンド入りとなった。
・2001年11月の大口投機玉途転の際は、売り越しは1ヶ月ほど続いたが、売り越し序盤に安値を付け、年明けの途転買い越しと共に、下値を切り上げていった。
・今回は売り越し2週目となっているが、これまでのパターンと同様、売り越し序盤に安値を付け、徐々に下値を固める展開を予想する。

 

 

 

 

■Q4:先日、金と満月・新月の関係でご紹介して頂いたように、8月も新月で売り、満月で買いとなりましたね。9月は如何でしょうか?
A4満月で安値の節目・新月で高値の節目

・9月は10日が新月、25日が満月です。スケジュールを見ると、9日に北朝鮮の建国記念日、11日~13日に東方経済フォーラムがあり、9.11記念日の時間でもあります。地政学リスク等が意識されると、NY金は高値の節目を10日前後に付けるかもしれません。
・また、利上げが予想されているFOMCが25-26日に開催予定で、25日前後に最終的に利上げを織り込む格好で、安値の節目を付けるかもしれませんね。ここで安値を付けると、2015年以降の利上げ局面で見られるように、FOMCでの利上げで「知ったら終い」で反発するシナリオも想定されます。

 


■Q5:最後に原油市場の見通しを教えて下さい。
A5レンジ放れ待ち


・先週のNY原油は、支持線の65ドルを維持して反発。上値抵抗の70ドルを伺う展開となっていますが、例年、レイバーデーで米国のドライブシーズンは終了し、冬の暖房油需要が始まる前の需要の端境の時期は、軟調傾向が確認される。
・月間騰落率を見ても、9月以降は売り方有利の時間帯で、10月1日から戦略備蓄が放出されることを考慮すると、70ドル超の高値では、利食いを含む売り圧力が高まるのではないか?
・当面は65-70ドルのレンジ相場で放れ待ちの展開を予想する。

レポート

TOPへ