メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年2月8日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

週末の米雇用統計を受けて追加経済対策期待が高まり、株高に振れていることから、国内商品市場は、概ね堅調となっています。

 

■Q2:その雇用統計を受けた、金市場の反応は如何でしたか?

A2 ドル買い・金売りの巻き戻しの動き

CG:NY金&ドル円(5分足)

CG:NY金&10年債利回り(2021~)

・弱気の雇用統計を受けて、ホワイハウス報道官は「米雇用統計は力強い支援が必要なことを示している」と述べ、米景気対策が大規模になり、財政が圧迫されドル売りにつながると意識された。前日まで続いたドル買い・金売りの巻き戻しの動きとなった。

・一方、追加経済対策期待から米主要株価指数は最高値を更新。コロナ感染も一服しており、弱い米雇用統計でも米長期金利は上昇基調を維持した事が、金の上値を抑えた。

 

 

■Q3:先週は大きく続落した金ですが、その背景は何でしたか?

A3 米10年債利回り上昇⇒米金利上昇・NY銀の急反落・ユーロ安

CG:NY金&ドル円(日足)

CG:OSE金(週足)52週移動平均

・バイデン米政権が掲げる1.9兆ドル規模の追加経済対策を巡って、民主党が財政調整法を活用して単独で成立させる手続きを進めていると伝わり、国債増発観測から米債券市場で長期金利が上昇し、ドル高・金売りとなった。

・SNS「レディット」のターゲットになり、ロビンフッダーらに投機的に買い上げられたNY銀の急反落に追随し、支持線だった200日移動平均線を割り込む下落となり、テク二カル要因が弱気に傾いたことや、2020年10~12月期のユーロ圏のGDPの減少など欧州景気の不透明感も強まり、ユーロが売られたことも、ドル買い・NY金売りの一因となった。

・NY金は200日移動平均線割れから下げ加速。東京(OSE)は、52週移動平均線を維持できず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:今後の金の見通しは如何ですか?  

A452週移動平均線の攻防

NY金(週足)52週移動平均

CG:NY金&ユーロドル

・円建て金は52週移動平均線を維持できなかったが、マザーマーケットであるNY金は、52週移動平均線を維持。

・今週、円建て金も52週移動平均線を回復すると底打ち感が高まる。

・ユーロドルも支持線を維持して反発しており、再度、支持線(1.2000)を割り込まない限り、ユーロドルの底打ち感も高まる。

・10日(日本時間の11日午前4時)にはパウエルFRB議長の講演が予定されている。1月FOMC後の会見で、パウエルFRB議長は「出口戦略(テーパリング)へ焦点を合わせるのは時期尚早」と発言したが、FRB当局者の中には、2021年末のテーパリング開始の可能性を示唆する動きも見られており、どのような姿勢・発言を示すかに注意。

 

 

■Q5:同じ10日発表のCPIも注目されているようですね?簡単に教えてください。

A5 PCEよりも先行性

CG:CPI&FF金利

・同じ10日に米消費者物価指数(CPI)が発表される。米国のインフレターゲットの対象はPCEデフレータだが、PCEより変化が早めに出るCPIも米物価先行指標として注目される。物価上昇傾向が強まると、超緩和的な金融政策の維持が難しくなり、テーパリングの議論が意識されてくる。

 

・これまでは、感染拡大⇒追加緩和期待⇒株価上昇

    ⇒ドル売り(リスク回避のドル買いの巻き戻し)となっていたのが、

 

 感染縮小に加えて、追加緩和政策(財政調整法を活用して単独で成立意向)

⇒株高

   ⇒国債増発観測から長期金利上昇

   ⇒ドル高?となるのか否かに注目したい。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所