メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。

このレポートは令和3年5月24日(月)日経CNBC「朝エクスプレス」(8:15~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:金相場の堅調が続いています。まず、この背景を教えてください。

A1

CG1:NY金%10年債利回り

CG:2きんETF&ビットコイン

 

年初からの金の下げ要因は、

 

1)米長期金利上昇に伴うドル高

2)米国との景況感の差に伴うユーロ安

3)暗号資産への資金流出(金ETF残高減少)

 

などだったが、3月~4月にかけての1700ドル割れで、金利上昇に伴うドル高・金安は、かなりの部分織り込まれた。安値で中国やインドの実需買いが入り、底値が確認された格好。

 

・ユーロ圏もワクチン接種の進展に伴い、6月ECB理事会に向けて出口戦略への移行も意識され、ユーロドルも堅調推移を見せている。

 

・また、テスラCEOのイーロンマスク氏発言に伴うビットコインの乱高下や、バイナンス・ホールディングスが米司法省と内国歳入庁(IRS)による調査(税務とマネロン)を受けたことや、米証券取引委員会(SEC)が、ビットコインは「非常に投機的な」資産であると述べる文書を公開したことに続いて、中国の金融業界団体が5月18日、金融機関による暗号資産関連サービスの提供を禁止する規制策を発表したことなどから、暗号資産は大幅続落、金ETF残高は下げ止まりから積み増しに変化している。

 

 

■Q2:今後の金相場の見通しは如何ですか?

A2

CG3:米10年債(バーナンキショック比較)

CG4:主要国際商品騰落率2021

 

・4月FOMC議事録を受けて、年明け早々にもテーパリングが始まるのではないかとの観測もあるが、2013年のバーナンキショック時では、実際のテーパリングが開始してからは、金利は反落。「知ったら終い」で低下傾向を辿った。今回も米長期金利上昇に伴う金下落は、ほぼ織り込み済み、春先と同じように押し目局面では、実需の買いや、中央銀行の買いが下値を支えそうだ。

・内外共に52週移動平均線を回復しており、テクニカル分析の「グランビルの買い法則」が確認された格好で、短期的な買われ過ぎ感に対する調整をこなしながら中長期上昇トレンドが継続しそうだ。商品全面高の中の割安感の調整が続く。

 

 

 

■Q3:最後に、夏場に向けての注目スケジュールを教えてください。

A2

CG5:スケジュール

 

欧米の政策決定会合に加えて、イランの大統領選挙前後に米国とイランの核合意復帰がなるか否か、独立記念日前後の天候異変の有無等で、原油・穀物が上値も下値も大きくなりそうで、インフレ懸念が高まるか否かを見極める上で注目したい。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所