メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和2年3月30日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1:米国の新型コロナウイルス感染者数が中国を上回って世界最多となる中、世界的に外出制限の動きが広がり、人や物の移動の停滞長期化による景気不安から売りが膨らんだ1日となりました。特に原油市場の下げが目立ちました。

 

 

■Q2:まずは、朝方10ドル台に下落した原油市場について教えて下さい。

CG:NY原油(日足)

CG:NY原油&NYダウ

A2

・新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で需要の大幅減少が懸念される中、G20首脳が26日に開催するテレビ会議で、今年の議長国サウジアラビアに原油の増産を自粛するよう求める可能性があると報じられたが、サウジアラビアがロシアと減産について協議するつもりはないことが報じられたことも売りを誘った。

・週末に米上院を通過した2兆ドル規模の米景気対策法案のなかに戦略石油備蓄(SPR)を積み増すための財源が含まれず、米エネルギー省が米国産原油による備蓄増強を見送ると発表したことも一因となった。

・米国での感染者数が中国を抜き、最多となったことを嫌気して株価が反落したことも一因。

 

■Q3:それでは、今後の見通しを教えて下さい

CG:石油掘削リグ稼働数&生産高

CG:NY原油(4月騰落率)

A3

・価格下落で米国の稼働中の原油掘削装置(リグ)数が前週比で40基急減。

これは2017年以来の低水準となった。今後、シェール生産量の減少が確認

されてくると、価格の下支え要因となりやすい。

・OPECプラスに加えて米国を交えて、新たな生産国価格調整の枠組みを形成しよ

うとする動きもあり、株価の行方と共に注目要因。

・株価が再度、一番底を割り込むような下げを見せない限り、原油市場は値位置が

低いが故に、下値リスクよりも上値リスクの方が中長期的には高い。

4月は季節的には、過去30年間では買い優勢の時間帯。

 

 

■Q4:一方、金相場が先週、急速に切り返しを見せましたが、

その背景を教えて下さい。

CG:NY金&ドル円(日足)

CG:NY金(日足)

A4

・世界的なリスク回避の動きから、損失補填的な売りに加えて、キャッシュ化(ド

ル転)に伴うドル高が金の下落要因となっていたが、FRBが無制限の量的緩和

(QE)を発表したことをきっかけに、NY株価は急反発し、金の損失補填的な

売りも一巡。改めて押し目買いが入った。

・価格帯別出来高の厚い心理的節目1700ドルが上値抵抗として機能中。同じく価格帯別出来高の厚い1580ドル水準が下値支持。

 

■Q5:それでは、今後の見通しを教えて下さい。

CG:NYダウ(4月騰落率)

CG:コロナウィルス感染推移(日本・米国・イタリア)

A5

・損失補填的な売りやドルクランチ(需給逼迫)は一巡しており、金は株やドル

との逆相関が徐々に戻ってくる事に。

・4月の季節傾向を見るとダウは、新年度入りのニューマネー流入で上昇傾向の

強い時間帯だが、今年はコロナウイルス感染拡大次第。株安が続くなら金は堅調、一方、早期に感染拡大を封じ込めなら株高・金安へ。ただし、現段階ではこの

確率は低い。

・欧米感染拡大と比較して日本は感染が抑えられているものの、東京都が

都市封鎖されかねないとの警戒感も強い。現在の感染者レベルは、

欧米の10日~2週間前水準と同水準で、4月に入り感染者爆発リスクは残る。

 

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所