メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年12月23日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

 

A1きょう1日の振り返り

・欧米市場がクリスマス休暇に入ることもあって、週明けの東京商品市場も、
様子見ムードが強く、銘柄によってまちまちの動きとなりました。

 

 

■Q2:菊川さんは、先週、台湾で講演だったそうですが、現地の様子は
如何でしたか?

A2年明けの選挙が注目

アジア選挙日程
2019年起点株価指数比較
・1月の台湾総統選挙に注目が集まっていました。選挙集会も各所で行われており、街の中も選挙ポスターが多かったですね。香港デモの影響で中国に対する警戒感は強く、与党・民進党の蔡英文氏(総統)が、野党・国民党の韓国瑜氏や、野党・親民党の宋楚瑜氏候補を世論調査では優位に立っています。
・ただし、立法委員選挙は与野党接戦のようです。
・アナリスト意見交換では、台湾加権指数は、今年アジアの中では、香港や韓国の株価指数と比較すると安定・安全との評価で堅調でしたが、米国大統領選挙を軸に、アジアの選挙も波乱要因になると意見が多かったですね。その場合、今、上値の重い金価格が動くのではないかとの見方でしたね。

 

 

■Q3:その金市場の見通しは如何ですか?

A3米株高も下値は固い

NY金中心限月日足
東京金中心限月日足
・米主要株価指数が最高値更新しているにもかかわらず、金の下値は限定的となっています。
・クリスマス休暇入りで、株価に利食いの動きが出てくると、金相場も下げにくくなるのではないか?
・NY金は、1450ドル~1500ドル、東京は5100円~5200円のレンジ相場で次の放れ待ち。

 

 

■Q4:一方、原油市場は堅調ですね。上昇の背景と今後の見通しは如何ですか?

 

A4株高+協調減産拡大で需給改善期待

NY原油とNYダウの値動き
・1月からの産油国の協調減産拡大に加えて、米中貿易交渉合意期待感から堅調推移となっています。
・今週はクリスマス休場もあり、一旦は利食いも入りやすい時間帯だが、短期的な上昇に対する調整安の範囲での下げにとどまりそう。

 

■Q5:クリスマス休暇明けの原油市場の見通しを簡単に教えて下さい。

 

A5 1月騰落傾向
NY原油月間騰落率
・月間騰落率では、1月はやや弱気優勢の季節傾向だが、寒さが厳しくなる2月~3月と強気傾向があり、株価の大幅下落がなければ、55ドルを大きく割り込む可能性は低いのではないか?


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所