メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年12月16日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1きょう1日の振り返り

・先週末に高まったリスクオンの流れを引き継いで始まったものの、引けにかけて利食いが目立った1日でした。

 

 

■Q2:米中貿易協議「第一弾合意」や、
英国選挙を受けた商品市場の反応は如何でしたか?

A2
CG:東京金・白金・原油(日足終値)9日(月)~
・先週末は、マーケットが懸念していた米中貿易協議の第一弾が合意に至り、英国の総選挙を受けてハードブレグジットが回避されるという期待感から、株高に対して、金は売られ、株価との相関の高い白金・原油市場は急伸で反応しました。
・ただし、東京市場は、海外安を円安が相殺する格好で東京金は堅調となった。

 

 

■Q3:まず、金市場の、見通しは如何ですか?

A3
CG:NY金 2月限(日足)
・米株価が最高値更新、日経平均株価も年初来高値を更新するなど、リスクオンの高まりがNY金の上値を抑えました。
・一方、FOMCで、来年の金利引き上げ観測が後退した事や、ポンドやユーロなど欧州通貨高もあり、ドルの上値が抑えられていることが、NY金の下値を支えています。
・ドル円が110円に乗せて上げ加速となれば、NY金も11月安値~心理的節目1450ドル割れからの一時的な下げ加速も想定されるが、これから始まる米中貿易協議「第2段階」の交渉への不透明感や、クリスマス・年末年始休暇を控え
て、安値売込みは避けられるのではないか?。

 


■Q4:一方、白金は買われましたね。上昇の背景と今後の見通しは如何ですか?

A4
CG:NY白金(日足)6月~
・米中貿易協議進展期待に伴う株高に加えて、白金最大の生産国である南アフリカの国営電力会社エスコムの計画停電に伴う供給懸念から、急伸となった。
・南アの停電は、計画停電を導入した2008年以降で最大の規模。発電施設の不具合や大雨が背景。鉱山会社が夜間操業を停止した。
・ただし、エスコム社は、計画停電の規模を2000メガワットに縮小すると発表。鉄砲水の影響で稼働停止していた火力発電所も一部再開。週明けには回復する見通しと報じられている。
・NYは三角保合い上放れから951.4ドル(12/12高値)まで続伸したものの、950ドルを維持できずに反落。雲の下限~転換線を維持できるか否かが焦点。910~960ドルの逆張り対処。

 

 

■Q5:最後に、原油市場の見通しを簡単に教えて下さい。

A5
CG:NY原油(日足)
CG:IEA見通し需給見通し
・産油国の協調減産拡大に加えて、米中国貿易交渉で「第一段階」の原則合意を好感して60ドル台に乗せたが、産油国の生産実績が、すでに決定された減産分を超えて減産していることや、国際エネルギー機関(IEA)月報で、石油輸出国機構(OPEC)と非加盟国の協調減産でも、来年第1四半期が需給緩和見通しになったことは上値抑制要因となっている。
・56-61ドル程度の逆張りが継続見通し。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所