メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは令和元年12月9日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?
A1
・強気の雇用統計を受け株高もあり、週明けの東京商品市場では金の下落、OPEC総会での協調減産強化でも原油相場の上昇が目立った1日でした。

 

■Q2:まず、雇用統計を受けたマーケットの反応は如何でしたか?
教えて下さい。
A2
CG:NY金とドル円(5分足)
CG:NY金とNYダウ(5分足)
・強気の雇用統計発表直後にドル高・金売りで反応しました。今週のFOMCでの追加利下げ見送り観測が意識された。
・ただし、引けにかけて米国家経済会議(NEC)クドロー委員長が米中貿易協議の内容次第では米政権が合意を承諾しない可能性があると示唆したため、ドル円は高値から値を削る展開に。
・NY金がドル安に対して安値から戻れなかったのは、NYダウが高値を維持したため。マーケットによって米中貿易協議の行方に関して、楽観と悲観が交錯し、見方が分かれている感が強い。


■Q3:雇用統計を受けて、調整安となった金市場の見通しは如何ですか?
A3
CG:FEDウォッチ
CG:NY金(2月限日足)
・強気の雇用統計を受けて、今週のFOMCやECB理事会では、金利引き下げ見送り観測が高まり、NY金は、調整安となった。
・ただし、15日の対中第4弾制裁関税発動を控え、12日には英国総選挙もあり、調整安は限定的となっている。
・11月12日安値を割り込むと、一時的にテクニカル的な売りが嵩む可能性。同水準の攻防が焦点。
・一方、米中貿易協議が至らなかった場合、金買いとなりリスクは残ったまま。3月延長説も出始めている。


■Q4:原油市場はOPEC総会での減産強化で上昇していますね。決定内容と合わせて今後の見通しを教えてください。
A4
CG:OPECと米国生産
CG:NY原油(1月限日足)
・石油輸出国機構(OPEC)プラス会合で、日量50万バレルの追加減産で合意。今回の合意でOPECプラスの減産規模は、これまでの日量120万バレルから170万バレルに拡大する。サウジアラビアが減産枠を越えて生産量を絞る予定であると表明しており、サウジの自主的な生産調整によって減産規模は日量210万バレル程度まで膨らむ可能性もある。新たな追加減産は来年1月から実施し、同年3月に期限を迎えるが、3月5~6日に延長の是非を協議する。
・協調減産強化に加えて、強気の雇用統計を受けて、原油との相関の高い米株は上昇しており、原油市場もレンジ(55ドル±5ドル)上限を試す流れ。ただ、60ドル超水準では、米中貿易協議の行方が最終的にまとまらないと、サウジアラムコのIPO価格も決定し、噴き値は利食いが出やすいと見る。
・シェールの生産も高水準が続いており、米中貿易協議の合意や、中東の供給障害などがなければ、55ドル±5ドルの逆張り相場が継続するのではないか?


■Q5:最後に、農務省需給報告を今後の見通しは如何ですか?
簡単に教えて下さい。
A5
シカゴコーン(3月限日足)
CG:輸出成約高
・中国の米国産大豆および豚肉の一部に対する関税免除決定を手掛かりにして上昇する場面も見られたが、輸出低迷を受けて需給報告での米国の需給見通しが下方修正される可能性があるとの見方が上値を抑えている。
・南米産の天候相場も現段階では大きな支障はなく、収穫期の一番底(9月安値)に対する2番底を探る展開を予想する。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所