メディア掲載

Back Number

  1. 2020/02/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/02/26 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2020/02/26 日経新聞
  4. 2020/02/21 時事通信社「週間見通し」
  5. 2020/02/21 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  6. 2020/02/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/02/20 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  8. 2020/02/18 日経CNBC『WRAP TODAY』
  9. 2020/02/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/02/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  11. 2020/02/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  12. 2020/02/05 みんなのコモディティコラム
  13. 2020/02/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2020/02/03 日経ヴェリタス
  15. 2020/01/30 みんなのコモディティコラム
  16. 2020/01/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/01/28 みんなのコモディティコラム
  18. 2020/01/28 日経CNBC『WRAP TODAY』
  19. 2020/01/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/01/21 日経CNBC『WRAP TODAY』
  21. 2020/01/20 「TOCOMコモディティフォーカス」
  22. 2020/01/20 Tokyo Financial Street
  23. 2020/01/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/01/14 時事通信社「週間見通し」
  25. 2020/01/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  26. 2020/01/08 みんなのコモディティコラム
  27. 2020/01/07 日経CNBC『WRAP TODAY』
  28. 2019/12/30 みんなのコモディティコラム
  29. 2019/12/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  30. 2019/12/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/12/13 YAHOO FINANCE
  32. 2019/12/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/12/06 YAHOO FINANCE
  34. 2019/12/06 日経新聞
  35. 2019/12/04 日経新聞
  36. 2019/12/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/11/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  38. 2019/11/26 日経CNBC『WRAP TODAY』
  39. 2019/11/26 東京マーケットワイド Tocom コモディティ・フォーカス
  40. 2019/11/22 時事通信社「週間見通し」
  41. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2019/11/20 日経新聞
  43. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  44. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  45. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  47. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  48. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  49. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  50. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2019/11/05 Tokyo Financial Street

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和元年11月27日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています

 

1.金のマーケットから見ると、現在の株式市場はどのように見えますか?

 

満月の12日に底打ちして反発となったNY金ですが、一目均衡表の雲のねじれで頭打ち、反落となっています。この12日の安値を割り込むと、一時的に下げ加速となるチャート形状です。
米中貿易協議進展期待の高まりからの株高・ドル高が金の上値抑制要因となっています。感謝祭休場に伴う薄商いもあり、テクニカル的な売りによる下落も想定され、株価・ドルは、もう一段上値の余地もありそうです。
特に11月のドル円の月間騰落率は高く、心理的節目110円をトライする場面もあるでしょう。
ただし、VIX先物の投機玉のショートの高水準を考慮すると、あまりに楽観に偏り過ぎの感も強く、ここからの金の安値は新規で売るのではなく、チャートパターン上の底打ち確認後、買い主体の戦略を考えたい。
「香港人権・民主主義法案」は署名・成立されると見られ、感謝祭明けにはトランプ大統領弾劾の公聴会も予定されており、12月入りで急速に振り子の揺り戻しが出てくるリスクにも備えたい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所