メディア掲載

Back Number

  1. 2021/07/19 日経CNBC朝エクスプレス
  2. 2021/07/09
  3. 2021/07/07 日本経済新聞電子版
  4. 2021/07/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  5. 2021/06/30 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  6. 2021/06/23 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2021/06/21 日経CNBC朝エクスプレス
  8. 2021/06/18 みんこもコラム「FOMCを受けた金相場見通し」
  9. 2021/06/18 時事通信社「週間見通し」
  10. 2021/06/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2021/06/14 Tokyo Financial Street
  12. 2021/06/11 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  13. 2021/06/07 JPXデリバティブ・フォーカス
  14. 2021/06/07 時事通信社「アナリストの目」
  15. 2021/05/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  16. 2021/05/24 5月24日(月)、日経CNBC朝エクスプレスに、弊社主席アナリスト菊川弘之が出演しました。
  17. 2021/05/21 「JIJI Gold Daily Report」
  18. 2021/05/06 「JIJI Gold Daily Report」
  19. 2021/04/26 時事通信社「アナリストの目」
  20. 2021/04/19 JPXデリバティブ・フォーカス
  21. 2021/04/19 日経CNBC朝エクスプレス
  22. 2021/04/12 みんこもコラム「NY金、ダブルボトム完成」
  23. 2021/04/05 週間エコノミスト(4/13)
  24. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/2)
  25. 2021/04/02 日本経済新聞電子版(4/1)
  26. 2021/03/31 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2021/03/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2021/03/24 時事通信社「アナリストの目」
  29. 2021/03/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2021/03/22 Tokyo Financial Street
  31. 2021/03/18 JIJI Gold Daily Report
  32. 2021/03/17 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  33. 2021/03/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  34. 2021/03/12 時事通信社〔週間見通し〕
  35. 2021/03/10 日本経済新聞電子版
  36. 2021/03/10 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  37. 2021/03/08 JPXデリバティブ・フォーカス
  38. 2021/03/08 みんこもコラム「金は底値圏に接近中(ブラックアウト期間の波乱に注意)」
  39. 2021/03/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  40. 2021/03/05 日本経済新聞電子版
  41. 2021/03/03 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2021/03/02 朝日新聞デジタル
  43. 2021/03/02 みんこもコラム「商品市場は歴史的大底確認」
  44. 2021/03/02 「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2021/03/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  46. 2021/02/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  47. 2021/02/19 みんこもコラム「金相場下落の背景と展望」
  48. 2021/02/15 日経CNBC『昼エクスプレス』
  49. 2021/02/08 日経CNBC『昼エクスプレス』
  50. 2021/02/01 日経CNBC『昼エクスプレス』
  51. 2021/01/25 日経CNBC『昼エクスプレス』

日経CNBC『昼エクスプレス』

このレポートは令和3年1月25日(月)日経CNBC「昼エクスプレス」(13:40~)で、当社主席アナリスト・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

■Q1:きょうの東京商品先物市場、ここまでの値動きで目立った点は?

A1

米金利上昇に伴うドル高・商品全面安が一服し、銘柄ごとに強弱の差が出ている展開となっています。

 

■Q2:金の調整も一服しましたか?

A2 米金利上昇&ユーロ安ドル高が一服

GC:NY金米10年債利回りGC:NY金&ユーロドル

・これまで、経常赤字国の米国は、海外マネーを引き寄せるために「強いドルは国益にかなう」と歴代財務長官は繰り返してきたが、1月19日の米上院公聴会で次期財務長官に指名されたイエレンFRB前議長は、「強いドルは国策」と直接言及せず、米金利上昇・ドル買いの流れは巻き戻しに入っている。

・また、イタリアのコンテ首相・議会の信任投票も信任され、ユーロも底打ちした事も、ドル売り・金買いにつながった。

 

■Q3:それでは、今後の金相場の見通しは如何ですか?

A3 パウエルFRB議長は低金利政策継続を示唆

CG:NY金(週足)52週平均

CG:JPX金(週足)52週移動平均

・2月9日にはトランプ前大統領の弾劾裁判が開始するため、米金利上昇の一因となったバイデン追加経済対策案は、議会審議を経て直ちに成立できるか否かも不明で、審議の過程で規模は小さくなるのとの見方も出ている。

・FRBは当面、長期金利の上昇抑制に動くとの見方が根強く、積極財政による国債増発は不可避で、発行コストでもある利回りは低いほうが良い。今週予定されているFOMCでも、出口戦略には慎重姿勢を強調するものと思われる。

・金相場は内外共に、昨年3月や、11月と同じように、「グランビルの買い法則」ヒットとなりそうで、低金利政策の長期化思惑が崩れない限り、内外共に52週移動平均線を下値支持とした上昇トレンドが継続しそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■Q4:バイデン政権がスタートしましたが、過去の共和党から民主党政権へ移行した際の金相場に特徴があるそうですね。詳しく教えて下さい。  

A4 ハネムーン期間後、堅調推移

CG:NY金フォードカーター、パパブッシュクリントン、ブッシュJRオバマ

 

・バイデン新政権がスタートして、いわゆるお手並み拝見という「ハネムーン期間」の100日間がスタートしたが、過去、共和党政権から民主党政権へ移行した際の金相場を見ると、ハネムーン期間の様子見をすぎてからは年末に向けて、概ね堅調推移となっている。

・これは同時期のドル円が、円高ドル安傾向を取っていることが一因。

・バイデン政権の通貨政策が見えてくるハネムーン期間後にかけて、金相場もトレンドが明確になるかもしれない。

 

 

■Q5:金と比べ堅調であった白金相場に注意が必要とのことですが、詳しく教えて下さい

A5 感染拡大一服

CG:東京白金&南アコロナ感染者数

CG:東京白金ローソク足

・生産国が南アフリカに偏在している白金は、変異種感染拡大と共に、供給リスクが材料視されていたが、足元は感染拡大一服で、週末は出来高を伴い長い上ヒゲを形成した。調整安が予想されるチャート形状。

・ただし、南アで発見された変異種には、感染後に回復した人の血液を使用する「回復期血漿療法」による抗体が効かないことが分かっており、入院患者や死者の増加を招く恐れがあると警告が出ている。感染や死者が再拡大した場合は、再び供給リスクが材料視されるだろう。

・2020年11月安値を起点とした上昇チャネルは継続している。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所