メディア掲載

Back Number

  1. 2020/09/24 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  2. 2020/09/18 みんこもコラム(FOMCを受けた金相場見通し)
  3. 2020/09/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  4. 2020/09/14 日本経済新聞電子版
  5. 2020/09/09 日本経済新聞電子版
  6. 2020/09/09 みんこもコラム
  7. 2020/09/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  8. 2020/09/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  9. 2020/08/31 日経CNBC『昼エクスプレス』
  10. 2020/08/31 日本経済新聞
  11. 2020/08/28 時事通信社「首相辞意反響」
  12. 2020/08/24 日経CNBC『昼エクスプレス』
  13. 2020/08/24 時事通信社「アナリストの目」
  14. 2020/08/20 日本経済新聞電子版
  15. 2020/08/17 日経CNBC『昼エクスプレス』
  16. 2020/08/17 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  17. 2020/08/17 日本経済新聞電子版
  18. 2020/08/14 日本経済新聞電子版
  19. 2020/08/14 時事通信社「週間見通し」
  20. 2020/08/14 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  21. 2020/08/13 日本経済新聞電子版(2020/08/13)
  22. 2020/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  23. 2020/08/05 日本経済新聞電子版(8/5)
  24. 2020/08/04 日経CNBC『昼エクスプレス』
  25. 2020/08/03 ロイターニュース(2020/08/03)
  26. 2020/07/29 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  27. 2020/07/27 日経CNBC『昼エクスプレス』
  28. 2020/07/21 日本経済新聞電子版(2020/07/20 )
  29. 2020/07/20 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/07/14 時事通信社「アナリストの目」(2020/07/14)
  31. 2020/07/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  32. 2020/07/13 「JPXデリバティブ・フォーカス」(2020/07/13)
  33. 2020/07/09 みんなのコモディティコラム(2020/07/09)
  34. 2020/07/09 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  35. 2020/07/08 日本経済新聞電子版(2020/07/07 )
  36. 2020/07/08 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  37. 2020/07/06 日経CNBC『昼エクスプレス』
  38. 2020/07/06 Tokyo Financial Street
  39. 2020/07/02 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/06/29 日経CNBC『昼エクスプレス』
  41. 2020/06/29 日本経済新聞電子版
  42. 2020/06/26 時事通信社「週間見通し」
  43. 2020/06/25 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2020/06/24 日本経済新聞
  45. 2020/06/24 日本経済新聞電子版
  46. 2020/06/23 みんなのコモディティコラム(2020/06/23)
  47. 2020/06/22 日経CNBC『昼エクスプレス』
  48. 2020/06/22 「JPXデリバティブ・フォーカス」
  49. 2020/06/22 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  50. 2020/06/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/06/15 日経電子版

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年8月5日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1. 先週に続いて、金相場が史上最高値を更新ですね。背景と今後の見通しを教えてください。

 

先週に続き、金相場が高値更新となっています。

NY金(12月限)は、心理的節目2000ドル達成で上げ一服感が出ていましたが、世界的な新型コロナウイルス感染拡大に加え、人気動画アプリ「TikTok」を巡り、米中が対立が強まり、上げ幅を拡大した。レバノンの首都ベイルートで大規模な爆破があったことで中東リスクの高まりも金の安全資産としての側面からの買いを加速させる要因となった。

また、ドルが弱含みとなったことが追い風となり、上げ幅を拡大。米10年債の利回りが0.50%台前半に低下したことが支援材料となった。米経済の先行き不安から、買い意欲は衰えず、ほぼ右肩上がりの展開となり、2000ドルの大台を回復しただけではなく、2030ドル台に乗せ、高値更新の動きが続いた。

 

円建て金も、既存のレポートや放送で、『7月28日の上ヒゲ高値(6705円)と、29日の下ヒゲ安値(6470円)のレンジを、終値ベースで放れた方向に、動意付く。』としましたが、8月3日に上抜き、上げ加速となっています。

 

さすがに過熱感はあるものの、内外共に天井確認はできていない状況。ただし、今回の上げの一因となったゴールドマン・サックス(商品部門)の金目標価格引き上げだが、同じくゴールドマン・サックス(富裕層部門)は、「米ドルの準備通貨としての地位は保たれる。現在の金をめぐる興奮・大騒ぎで私たちは買いに入ろうとは思わない。実際、現時点で投資家は逆の面に着目し、金に大きなダウンサイドがあると考えるべきだ。」とした。

 

過去の季節傾向では、8月はドルが弱く、NY金が強い傾向が確認できる。既に金は高値圏にあるものの、調整が入っても大きな値幅調整であれば押し目買いが入り、値幅調整とならずに、日柄調整でもち合う可能性もあろう。

 

週末には雇用統計や米追加経済対策の行方など、波乱要因が多く、日本の3連休中に大きく動意付くリスクには注意したい。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所