メディア掲載

Back Number

  1. 2020/06/04 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2020/06/04 2020/06/4 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  3. 2020/06/04 日経新聞
  4. 2020/06/02 日経CNBC『昼エクスプレス』
  5. 2020/05/29 みんなのコモディティコラム(2020/05/28)
  6. 2020/05/28 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2020/05/28 日経新聞
  8. 2020/05/25 日経CNBC『昼エクスプレス』
  9. 2020/05/20 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  10. 2020/05/19 日経新聞
  11. 2020/05/19 日経CNBC『昼エクスプレス』
  12. 2020/05/18 時事通信社「アナリストの目」
  13. 2020/05/15 時事通信社「週間見通し」
  14. 2020/05/15 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  15. 2020/05/14 日経新聞
  16. 2020/05/13 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  17. 2020/05/11 STOCK VOICE「JPXデリバティブフォーカス」
  18. 2020/05/11 日経CNBC『昼エクスプレス』
  19. 2020/05/01 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  20. 2020/04/28 日経CNBC『昼エクスプレス』
  21. 2020/04/28 日経新聞
  22. 2020/04/27 ラジオNIKKEI「私の原点」
  23. 2020/04/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  24. 2020/04/21 みんなのコモディティコラム
  25. 2020/04/21 日経CNBC『昼エクスプレス』
  26. 2020/04/16 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  27. 2020/04/15 日経新聞
  28. 2020/04/15 日経新聞
  29. 2020/04/14 日経CNBC『昼エクスプレス』
  30. 2020/04/07 日経CNBC『昼エクスプレス』
  31. 2020/04/06 Tokyo Financial Street
  32. 2020/04/03 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  33. 2020/04/03 みんなのコモディティコラム
  34. 2020/04/01 時事通信社「アナリストの目」
  35. 2020/03/31 日経新聞
  36. 2020/03/31 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2020/03/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  38. 2020/03/27 日経新聞
  39. 2020/03/27 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  40. 2020/03/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  41. 2020/03/19 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  42. 2020/03/17 みんなのコモディティコラム
  43. 2020/03/17 日経CNBC『WRAP TODAY』
  44. 2020/03/17 時事通信社「JIJI Gold Daily Report」
  45. 2020/03/16 「TOCOMコモディティフォーカス」
  46. 2020/03/13 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  47. 2020/03/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  48. 2020/03/10 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2020/03/09 みんなのコモディティコラム
  50. 2020/03/05 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  51. 2020/03/04 みんなのコモディティコラム

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和2年3月25日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

『東京マーケットワイド』2020/3/25放送分

1. 株価が急反発しています。金も同様に記録的な上げとなっているようですが、この背景は?

FRBが無制限の量的緩和(QE)を行うと発表したことや、米国での2兆ドル規模の大型経済対策が決まるのではないかとの期待感もあり、株価が急伸。金相場もこれまでの株価下落に伴う損失補填的な売りが一巡し、東京金市場も記憶的な上昇幅を記録しました。
ドル建て金相場以上に円建て金相場が上昇したのは、円安ドル高が進行したためです。(ドル)キャッシュ化の動きが背景ですが、米の無制限のQE決定で、ドル円も2月高値を前にして、上げ一服となるかもしれません。

 

2. 今後の株価や金の見通しは如何ですか?

リーマンショックの際は、NYダウの下げ止まりと共にNY金も下げ止まり、その後、ダウが戻りを売られて改めて一番底を試した流れの中で、金相場は本来の株価との逆相関に戻り、下値を切り上げていきました。
相場格言通り「彼岸底」を形成しつつある株式市場ですが、世界的な感染拡大の流れが止まるか否かが最大の焦点。東京オリンピック延期が決定され、東京市場の前場では、中止とならなかった事を好感する動きも見られるが、欧米と比較して感染拡大のスピードが落ち着いている日本でも、再び感染拡大となるなら、日経平均の戻りは売られるだろう。

欧米やロシア・中東・南米などの感染拡大のスピードが落ちないのに対して、中国では一足早く、新型コロナウィルス制圧に成功しつつある状態。当局の政策もあるが、総じてアジア株が欧米株よりも強いのは、感染拡大ペースと相関がある格好。

損失補填的な売りも一巡し、急速に買われた金相場だが、NY金は1700ドル水準が上値抵抗として機能中。同水準は、今年に入り何度か抵抗として意識されている。一方、下値支持は、200日移動平均線水準。しばらくは、世界的な感染拡大ペースと、株価をにらみながら、下値支持~上値抵抗のレンジ放れ待ちとなりそう。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所