メディア掲載

Back Number

  1. 2019/11/21 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  2. 2019/11/20 日経新聞
  3. 2019/11/20 時事通信社「アナリストの目」
  4. 2019/11/19 みんなのコモディティコラム
  5. 2019/11/19 日経CNBC『WRAP TODAY』
  6. 2019/11/14 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  7. 2019/11/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2019/11/11 日経ヴェリタス
  9. 2019/11/08 みんなのコモディティコラム
  10. 2019/11/07 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  11. 2019/11/05 Tokyo Financial Street
  12. 2019/10/30 みんなのコモディティコラム
  13. 2019/10/29 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2019/10/24 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  15. 2019/10/24 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2019/10/24 ラジオNIKKEI「マーケットトレンド」
  17. 2019/10/18 みんなのコモディティコラム
  18. 2019/10/15 日経新聞
  19. 2019/10/15 日経ヴェリタス
  20. 2019/10/11 時事通信社「週間見通し」
  21. 2019/10/08 日経CNBC『WRAP TODAY』
  22. 2019/10/08 TOCOMスクエアTV
  23. 2019/10/07 ラジオNIKKEI「私の原点」
  24. 2019/10/07 時事通信社「アナリストの目」
  25. 2019/10/01 みんなのコモディティコラム
  26. 2019/10/01 日経CNBC『WRAP TODAY』
  27. 2019/09/26 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  28. 2019/09/18 日本経済新聞「NQNスペシャル」
  29. 2019/09/12 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  30. 2019/09/12 日経CNBC『WRAP TODAY』
  31. 2019/09/03 時事通信社「アナリストの目」
  32. 2019/09/03 日経CNBC『WRAP TODAY』
  33. 2019/08/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  34. 2019/08/22 みんなのコモディティコラム
  35. 2019/08/22 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  36. 2019/08/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2019/08/16 ラジオ日経「マーケット・トレンド」
  38. 2019/08/15 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  39. 2019/08/13 みんなのコモディティコラム
  40. 2019/08/13 読売新聞
  41. 2019/08/09 日本経済新聞
  42. 2019/08/08 日本経済新聞
  43. 2019/08/08 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  44. 2019/08/06 時事通信社
  45. 2019/08/06 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」
  46. 2019/08/06 日経CNBC『WRAP TODAY』
  47. 2019/08/02 みんなのコモディティコラム
  48. 2019/07/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  49. 2019/07/30 時事通信社「アナリストの目」
  50. 2019/07/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2019/07/18 STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

STOCK VOICE「東京マーケットワイド」

このレポートは令和元年11月20日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

 

 

1.菊川さんがお話しされていた通り、満月で底打ちとなりましたね。今後の見通しは如何ですか?

 

 米中貿易協議進展期待を嫌気して三角保合いを下放れて下げ加速となりましたが、心理的節目1450ドルが下値支持として機能して、満月の12日に底打ちして反発となっています。
「香港人権・民主主義法案」が上院で可決と報じられており、24日には、香港区議会議員選挙が予定されている中、米中貿易協議に大きく影響を与えると思われます。 また、23日には韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効期限が訪れる。アジア情勢の緊張が高まっている。
米株式市場では、リスクオンから主要3指数が史上最高値を更新、年内利下げ観測が後退しているが、香港の選挙・米中貿易協議次第で、再びリスク回避が高まるだろう。米国では、ウクライナ疑惑を巡るトランプ大統領弾劾の動き、欧州では12月12日の英選挙が波乱要因。中東では、イランが米国の核合意破棄に対抗して、ウラン濃縮度を高めている。リスク回避が高まった場合は、12月のFOMCでの利下げ期待も加わり、NY金の高値の節目を付けやすいと言われる新月(11/27)に向けて、金相場は下値を切り上げるだろう。足元のVIX先物の大口投機玉の売り越しの大きさは、あまりに楽観(リスクオン)に偏り過ぎのように感じる。
アストロロージではダマシが出やすいと言われる「水星逆行」(10月31日~11月20日)が終了する。メリマンの重要変化日が11月22~24日。週末~週初にかけて、トレンドが加速するのか、それとも反転するのかに注目したい。

 


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所