本日の国内市況

貴金属(2021/02/26 16:46)

金、白金ともに大幅安

金先限 6022円(-95円)、 白金先限4155円(-133円)、 金限日 6016円(-111円)

 金は大幅続落。ドル建て現物相場の一段安が圧迫要因になった。NY市場で米10年債利回りが一時1.6%台に上昇し、リスク回避の株安・ドル高となったことが金の圧迫要因になった。
 白金は急反落。金同様に米長期金利上昇に伴うドル高・株安が圧迫要因。

原油(2021/02/26 17:00)

反落

プラッツドバイ原油先限41170円(-580円)

 東京原油市場は反落。アジア時間帯の海外原油相場の軟調や株価の大幅安、来週の石油輸出国機構(OPEC)プラスの会合を控えて、利益確定売り優勢の展開が続いた。前営業日比は590~10円安。

石油製品(2021/02/26 17:04)

反落

バージガソリン先限53270円(新甫)、バージ灯油先限 54600円(新甫)

 東京石油市場は反落。為替が1ドル=106円台前半まで円安に振れるなか、アジアの時間帯の夜間取引で崩れていることに圧迫された。またこの日のドバイ原油の現物も下落している。新甫9月限はともに8月限に対して若干下ザヤで推移した。
前営業日比は、ガソリンが670~40円安、灯油が620~400円安。

 

トウモロコシ(2021/02/26 17:06)

急反落

とうもろこし先限29160円(-860)

 とうもろこしは急反落。株式市場の急落や他商品安が圧迫となる。25日のシカゴ市場も利食い売りなどでテクニカル的に560セントの上値が重くなった感があり、終日売り優勢の展開が続いた。前営業日比は1230円安~250円安。
 
 この日から開始されたシカゴトウモロコシ3月限の受渡通知はゼロ枚だった。

ゴム(2021/02/26 17:21)

急反落

ゴムRSS3号先限275.9円(-14.1円)、ゴムTSR20先限 192.0円(±0円)

 ゴムRSS3号は急反落。寄り付きでは、上海夜間が軟調に推移したうえ、米長期金利の上昇を背景に株式市場が大幅安となったことを嫌気して売りが先行した。その後、日中取引の上海ゴムが売り込まれると、下げ幅を拡大した。TSR20は出来ず。


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所