リスク説明(金融商品取引)

当社の取り扱う金融商品においては、お客様がお取引を行うことにより、それぞれ下記のリスクが生じる恐れがあります。お取引を行うにあたっては、各商品のリスクについて十分にご確認・ご理解の上、お客様ご自身の判断により行っていただきますようお願いいたします。

国内上場株式投資(現物取引・信用取引)のリスク

株価が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

信用取引は、少額の保証金で多額の取引を行うことができることから、株価の状況によっては、保証金の大部分もしくはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は預託保証金の額を上回り、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

ETFのリスク

ETFの価格は、組入有価証券の価格変動により上下するため、価格の状況によっては、投資元本を割り込むことがあります。また、ETFの発行会社および組み入れられた投資対象の発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

また、外貨建て資産で運用されるETFには、為替相場の変動や投資対象国の政治・経済情勢あるいは金融市場の動向等により、想定以上の株価変動が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

REITのリスク

REITの価格は、不動産市況や金利の変動、景気見通し等により上下するため、価格の状況によっては、投資元本を割り込むことがあります。また、発行体である投資法人の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

REITが保有する不動産は、自然災害等の予測不可能な偶発事象などにより、滅失、毀損または劣化等の影響を受ける可能性があります。加えて、不動産に関連する法制度の変更等により、不動産やREIT等の価値に影響が及ぶ可能性があります。

外国株式投資のリスク

外国株式の流通市場における株価が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、為替相場の変動や発行会社の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

円貨建て債券投資のリスク

債券の価格は金利の変動により上下するため、日本国の金利情勢が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動や信用不安等が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

外貨建て債券投資のリスク

債券の価格は金利の変動により上下するため、発行国等の金利情勢が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、為替相場の変動や発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、想定以上の株価変動や信用不安等が生じ、投資元本を割り込むこともしくは毀損することがあります。

個人向け国債のリスク

個人向け国債は、発行から1年間は原則として中途換金できません。やむを得ず中途換金する場合は、原則として売却額面金額に経過利子を加えた金額から中途換金調整額が差し引かれることになります。

株価指数先物取引のリスク

株価指数先物の価格は、対象とする株価指数の変動により上下するため、指数を構成する対象商品の価格変動等の影響により損失を被ることがあります。また、株価指数先物取引は少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、相場の状況によっては、証拠金の大部分もしくはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は預託証拠金の額を上回り、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

株価指数オプション取引のリスク

株価指数オプションの価格は、対象とする株価指数の変動等により上下するので、指数を構成する対象商品の価格変動等の影響により損失を被ることがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限があります。

  • 買方特有のリスク:買方が期日までに転売または権利行使を行わない場合には、オプションの権利は消滅します。この場合、買方は投資元本の全てを失うこととなります。
  • 売方特有のリスク:売方は証拠金の差し入れが必要です。したがって、相場の状況によっては、証拠金の大部分もしくはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は預託証拠金の額を上回り、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

投資信託のリスク

投資信託は、組み入れ商品の評価額の変動やその発行体の経営・財務状況の変化およびそれらに関する外部評価の変化等の影響により、基準価格が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、銘柄ごとに株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の異なるリスクが存在します。

投資信託は、預金等とは異なり元本保証および利回り保証はありません。また、過去の運用実績は、将来の運用成果を約束するものではありません。投資に際しては、「目論見書」や「目論見書補完書面」等をお渡ししますので、必ずご確認ください。

取引所外国為替証拠金取引(くりっく365取引)のリスク

くりっく365取引は、取引対象である通貨の価格が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、取引対象である通貨の流通市場における金利の変動により、スワップポイントが受取りから支払いに転じることがあります。加えて、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、相場の状況によっては、証拠金の大部分もしくはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は預託証拠金の額を上回り、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

外国為替市場の状況の急変等により、ビッド価格とアスク価格のスプレッド幅が拡大したり、意図した取引ができなくなったりする可能性があります。

取引所株価指数証拠金取引(くりっく株365取引)のリスク

くりっく株365取引は、取引対象となる指数が変動することにより、投資元本を割り込むことがあります。また、少額の証拠金で多額の取引を行うことができることから、相場の状況によっては、証拠金の大部分もしくはその全てを失う可能性があります。また、その損失の額は預託証拠金の額を上回り、投資元本以上の損失を被る可能性もあります。

建玉における評価損益の状況によって、設定されたロスカットレートに達した場合は、ロスカットルールによりポジションが強制決済されます。

TOPへ