日産証券の金投資

一口に「金投資」といってもその方法は様々あります。
あなたの目的に合ったベストな方法を見つけてください。

  • 金地金

    • 有事への備えや「円安・インフレ・消費増税」対策など、中長期スタンスで資産保全を目的とする方に適しています。
    • 純度と重量のみで価値が決まるので、世界中どこでも換金可能です。
    • 株式等とは異なる値動きをするため、分散投資の対象としても有効です。
    • 銀行などで保管する場合、保管料が必要となります。
  • 金ETF

    • 金価格に連動するETF(上場投資信託)。証券取引所に上場されており、信用取引もできます。
    • 「少額から始められる」「保管の煩わしさがない」などの特徴があります。
    • 売買コストは低いものの、長期的には信託報酬の分だけ実際の価格とのズレが生じます。
    • 現物に交換できないものもあります。
  • 金関連株

    • 金の採掘・精錬等を行う企業の株式です。
    • 産金コストの上昇がなければ、金価格の上昇以上に大きなリターンが狙えます。
    • ただし、あくまでも株式投資なので、企業の財務状況や株式市場全体の影響を受けます。

  • 金先物取引

    • 純度99.99%以上の金地金を対象としたレバレッジ型の商品です。
    • 大阪取引所に上場されており、証拠金による差金決済取引なので、資金効率や利便性に優れるものの、その分ハイリスクな取引です。
    • 短期志向の方向けの取引です。
    • 希望すれば現物(1kg 単位)の取得・換金も可能です。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所