金のレバレッジ選択口座|スマートCX

金のレバレッジ選択口座なら

  • レバレッジが低いから初心者に最適
  • 証拠金以上の損失や追加のご資金が発生しない仕組みだから安心
  • 値下がり予想の「売り」でもOK
  • ニーズに合わせてレバレッジを選択可能
    ロスカット率選択口座3%、5%、10%の3コースと合わせて6種類のコースからご選択ください。

日産証券は初心者から熟練者まで、タイプやニーズに合わせた商品先物取引をご提案いたします。
金の「レバレッジ選択口座」は、商品先物取引のレバレッジを可能な限り低く設定することに加え、証拠金以上の損失が発生しない損失限定取引の仕組みを取り入れることで、初心者にもやさしい商品となっています。

  • レバレッジ1倍コース

    必要証拠金額は
    総取引金額

    取引証拠金が現受代金に早変わり!買い注文なら現受も行えます。

    ※手数料等の諸経費は別途必要。

  • レバレッジ2倍コース

    必要証拠金額は
    総取引金額の約1/2

    「初めてレバレッジ取引に挑戦」という方にお勧め。

    レバレッジ1倍コース1枚分の証拠金で2枚のお取引が可能。

  • レバレッジ3倍コース

    必要証拠金額は
    総取引金額の約1/3

    ちょっと冒険、多少のリスクは覚悟の上という方にお勧め。

    レバレッジ1倍コース1枚分の証拠金で3枚のお取引が可能。

イメージ

取引証拠金を超える損失がなく、追加の資金も必要ありません。

追加のご資金を用意していただく必要はありません。取引所が算出した相場状況の変化により決済が履行されない可能性の価格変動リスク率(※)を考慮し、損失が取引証拠金を上回らないように計算されたロスカット注文が自動的に設定されます。

また、万が一、取引証拠金を上回る損失が発生する可能性がある価格変動が生じた場合は、市場外取引により、日産証券が相手方となって決済を履行させていただきます。ですから追加のご資金を用意いただく必要がなく、難しかった建玉やリスクの管理が容易になりました。

※価格変動リスク率 = 2019年5月現在「金」においては約定価格に対して5%に設定されています。

ロスカット設定率

証拠金事前預託制度について
スマートCXにおいての証拠金は事前預託が必要です。

お預かりする証拠金額は、指値の買注文の場合は指定価格を基に総取引金額を算出します。

成行注文および指値の売注文の場合は、「前日清算値×取引倍率×105%」を総取引金額として算出します。

レバレッジ選択口座の概要
取扱商品 金(標準・限日)
取扱限月

期先3限月までのお取引となります。(金標準)

※新規建玉は原則期先限月のみとなります。

※レバレッジ1倍コースの買注文においては、建玉する限月に制限がなく、納会日までお取引が可能となります。

選択コース

レバレッジ1倍コース

レバレッジ2倍コース

レバレッジ3倍コース

注文の種類 成行注文、指値注文
  • 注文成立後のコースの変更はできません。また、コースの選択はお一人様1種類となります。
  • 手数料は損失額に含まれません。
  • 損失を限定する決済注文の履行を回避するために、証拠金を追加預託することはできません。
  • 損失限定取引では、1商品1枚ごとに管理されます。
  • 両建(同一商品の売・買両方の建玉を同時に保有すること)はできません。
  • 通常取引口座開設後は、損失限定取引口座への入金および新規建玉はできません。
  • 金のレバレッジ選択口座の概要、手数料、証拠金は以下をご参照ください。
  • 複数商品を同時に建玉することはできません。

損失限定取引の概要

損失限定取引の手数料

損失限定取引の証拠金


金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第131号 商品先物取引業者
加入協会:日本証券業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人金融先物取引業協会
加入取引所:東京証券取引所、大阪取引所、東京金融取引所、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所