証券オンライントレードについて|よくあるご質問

みなさまからお寄せいただいたご質問をQ&A形式でお答えいたします。その他お問い合わせに関しましてはメールやお電話でも承っております。

口座開設、入出金について

証券オンライントレードの口座開設に関するご質問はこちら

証券オンライントレードの入金、出金に関するご質問はこちら

手数料・各種費用について

  1. システム使用料はいつ差し引かれますか。また、その他注意事項があれば教えてください。
  2. 取引手数料を教えてください。

取引システムについて

  1. ログイン画面が表示されません。
  2. 約定したらメールで知らせてもらいたいのですがどうしたらよいですか?
  3. 同じID・パスで2台同時に入ることは可能ですか?
  4. 電話やFAXでの発注は可能ですか?

取引ルールについて

  1. 発注できる注文株数や金額に上限はありますか?
  2. 現物取引の同一銘柄の売買で、「買→売→買」「売→買→売」といった売買はできますか?
  3. ある銘柄を買った後、その日のうちに売却しました。その売却代金は他銘柄の買付に使えますか。
  4. 指値注文の価格と同じ株価が市場で付いたのに、その注文は不成立でした。何故ですか?
  5. ある銘柄がストップ高・ストップ安になった場合の比例配分方法について、どのような配分方法になっていますか?
  6. 東証に上場している外国株式の注文はできますか?
  7. IPOの申込みはできますか。
  8. 投資信託の申込みはできますか。

システム使用料はいつ差し引かれますか。また、その他注意事項があれば教えてください。

システム使用料 1,000円+消費税(月額)

  • 毎月末に翌月分のシステム使用料を差し引きます。
  • 当月分の情報利用料をお支払いいただいていない場合、ご入金時に当月分のシステム使用料を差し引かせていただきます。
  • 翌月分のシステム使用料をお支払いいただいていない場合、インターネット取引を制限させていただきますので、予めご了承ください。

取引手数料を教えてください。

手数料設定は下記サイトを参照ください。

手数料(証券オンライントレード)


ログイン画面が表示されません。

下記設定を確認ください。

  • アドビシステムズ社の「Flash Player」が必要です。
    事前にアドビシステムズ社のFlash Player 10およびAdobe Reader8.2以上をインストールいただく必要があります。
  • 「ポップアップブロック」機能の解除が必要です。
    「ポップアップブロック」が標準装備されている機種や、Yahoo!などのツールバーがインストールされている場合は、当社取引システム(asp-odin.netrd.jp)のポップアップを許可する設定で利用ください。

約定したらメールで知らせてもらいたいのですがどうしたらよいですか?

取引システムへログイン後、照会系「登録情報」→「通知メール」より設定ください。

  • ・STEP1
    「通知メールアドレス登録」をクリックし、登録したいメールアドレスを入力してください。
  • ・STEP2
    変更確認メールをクリックし、確認メールを受信・確認してください。
  • ・STEP3
    「通知メール設定」項目より受取りたいメールアドレスを選択し、「実行」をクリックしてください。

同じID・パスで2台同時に入ることは可能ですか?

同時ログインはできません。

電話やFAXでの発注は可能ですか?

電話・FAXでのご注文は承っておりません。


発注できる注文株数や金額に上限はありますか?

本サービスを利用しての売買数量には制限があります。詳細は下記ページを参照ください。

取引ルール(証券オンライントレード)

現物取引の同一銘柄の売買で、「買→売→買」「売→買→売」といった売買はできますか?

現物取引の場合、同一資金ではできません。

同一日に、同一資金で行う、同一銘柄の「買→売→買」や「売→買→売」は、現物・現金の受渡をせず、反対売買による差額の授受で決済する差金決済取引に該当します。

差金決済取引は、現物取引では金融商品取引法により禁止されております。このため、同一日に同一資金で行う、同一銘柄の現物取引での売買は、「買→売」「売→買」までです。

ある銘柄を買った後、その日のうちに売却しました。その売却代金は他銘柄の買付に使えますか。

使えません。

同一資金では、売買が成立した場合、約定日から起算して4営業日に保有株式を引き渡して、売却代金が口座に反映されるまで使えません。

指値注文の価格と同じ株価が市場で付いたのに、その注文は不成立でした。何故ですか?

取引所では、価格優先の原則、時間優先の原則に従い約定が成立します。市場で指値注文と同値がついても約定とならなかったのは、時間優先の原則により、先に発注された別の注文が約定したためです。

ある銘柄がストップ高・ストップ安になった場合の比例配分方法について、どのような配分方法になっていますか?

  • 当該銘柄の注文における注文の値段や執行条件で下記の優先順位となります。
    (1)成行注文・寄成注文
    (2)引成注文
    (3)不出来引成注文
    (4)制限値幅の指値注文
  • 時間優先で最低売買単位株数1単元ずつ配分を行います。

東証に上場している外国株式の注文はできますか?

はい、できます。詳細は下記ページを参照ください。

外国株式(証券オンライントレード)

IPOの申込みはできますか。

セルフコースでは、IPOの取扱いはありません。

投資信託の申込みはできますか。

セルフコースでは、投資信託の取扱いはありません。

TOPへ