ライツ・オファリング | 証券オンライントレード

新株予約権無償割当て(ライツ・オファリング)とは

新株予約権無償割当ては、「ライツ・オファリング」とも呼ばれ、既存株主の保有株式数に応じて、当該上場会社の株式について一般的に市場価格よりも低い価格で購入できる新株予約権を無償で割当てる増資手法です。

新株予約権無償割当て(ライツ・オファリング)の種類

ライツ・オファリングは、コミットメント型とノンコミットメント型の2種類があります。権利行使期間が終了した後の新株予約権の取扱内容によって、分類されます。

ライツ・オファリングによる新株予約権について

  • 一定期間上場され、取引所にて売却を行うことが可能です。
  • お取引に係る手数料は、現物取引手数料体系が適用されます。
  • 権利行使に係る手数料は、無料です。
  • 信用取引は行えません。また、原則、信用取引の代用有価証券とすることもできません。
  • 無償で割り当てるため、原則、取得単価は『0円』となります。

現在ライツ・オファリング取扱中の銘柄

現在ライツ・オファリング取扱中につきましては、下記ページよりご確認ください。

取引注意銘柄について

ライツ・オファリングに係る上場新株予約権証券におきましては、下記をご留意のうえでお取引いただきますようお願いいたします。

ご注意ください

  • 新株予約権証券は、上場期間(数週間~1か月程度)および権利行使期間(数週間程度)が短期間であること。
  • ノンコミットメント型ライツ・オファリングにおいては、期限付きの有価証券であり、権利行使期間が終了した場合、その価値を失うという性質を持つ有価証券であること(新株予約権証券を買付けた場合、証券取引所への上場期間内に新株予約権証券を売却するか、権利行使期間内に権利行使して当該上場会社の株式を取得するかのいずれかを選択しなければ、その価値を失うということ。)。
  • コミットメント型ライツ・オファリングにおいても期限付きの有価証券であり、権利行使期間が終了した場合、発行者が定める価格(価格が0円となる可能性もある。)を対価として発行者が新株予約権証券を強制的に買取ること。
  • 新株予約権証券の権利行使により株式を取得するためには、所定の金額(取得する株数に一株あたりの権利行使価格を乗じたもの)の払込みが必要となること。また、新株予約権証券の権利行使により取得する株式の株数または新株予約権証券の証券取引所における最低売買単位によっては、最低売買単位の新株予約権証券を取得しても権利行使により単元株を取得できない場合があること。
  • NISA/特定預りの新株予約権証券は、取引所取引最終日の夜間に一般預りに払出されること。取得する株式をNISA/特定預りで入庫したい場合、新株予約権証券を取引所取引最終日までに権利行使する必要があること。
  • WEB受付では取引所取引最終日の6時までに、コールセンター受付では取引所取引最終日の前営業日の18時までに申込む必要があります。
  • 権利行使手続きを申込まれても、取引所取引最終日の翌営業日付けで権利行使に必要な払込金額および事務手数料の出金ができない場合、また取引所取引最終日に受渡が完了していない場合など、NISA/特定預りでは権利行使手続きを進められません。
  • 上記日程の後、当社が指定する締切日までに権利行使された場合、取得する株式は一般預りで入庫されます。

ウェブ口座開設なら簡単にお申込手続き完了!

口座開設は無料!業界最安!売買委託手数料は22円+(消費税)~

TOPへ