メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成29年5月1日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20 ~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

Q1 きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1 きょう1日の振り返り

GWの谷間で、中国が労働節、欧州市場がメーデーで休場と言う中、全般的に様子見ムードの高い1日でした。

 

Q2 日本はGWですが、今週もイベントが多いですね?

A2 米マクロ経済指標相次ぐ

日本は今日・明日の2営業日しかないですが、今週は雇用統計を始めとする米マクロ経済指標が多く予定されています。さらに、7日にはフランス大統領選挙の決選投票が行われます。

5月を通してみると、9日は韓国大統領選挙、19日にはイラン大統領選挙と言った政治イベント、25日にはOPEC総会と、金や原油市場に大きな影響を与えるイベントが盛り沢山です。

 

Q3 リスク回避の動きが一服していますね?

A3 リスク回避一服

中東や北朝鮮などの地政学リスクや、1回目の仏大統領選挙前には、恐怖指数ことVIX指数が急上昇していたものの、フランス大統領選挙では、ルペン・マクロン候補との決選投票となったこと、北朝鮮による核実験が実施されなかった事から、VIX指数は急落しています。米暫定予算の期限も延長され、3つの懸念が後退した格好です。

5月は、北朝鮮による核実験が行われず、フランス大統領選挙でマクロン候補が勝利すれば、市場の関心は米国の利上げ動向に移行しそうです。

それを見極める上で重要なのが、今週の雇用統計を始めとする米マクロ経済指標。

 

Q4 金市場は、どのような反応を見せるでしょうか?

A4 利上げ思惑が高まった際の米株価の動きに注意

NY金(6月限)は、200日移動平均線で下支えられているものの、強気の雇用統計となれば、ドル買い・NY金売りの反応も予想される。この場合は、心理的節目1250ドル割れを試す流れも予想される。ただし、米利上げ思惑からNY株価が崩れるなら、ドルの上値、NY金の下値は、それぞれ限定的となるのではないか?

また、5月にはイラン大統領選挙(19日)、エルサレムの米大使館移転問題(月末)の再浮上など中東の波乱要因が多く。押し目は買われやすいと見る。

NY金は、2016年12月安値を起点とした上昇トレンドと、2016年7月高値を起点とした下降トレンドに挟まれた「三角もち合い放れ待ち」に移行する可能性も。

もちろん、一旦後退している北朝鮮リスクの高まりや、フランス大統領選挙でルペン勝利となれば、GW明けの東京市場は、金買いでスタートするだろ。

 

Q5 原油市場は、50ドル台を回復できない状況が続いていますね?

A5 ボックス相場入り

 

米掘削リグ稼働数が15週連続の増加。既に前年の2倍以上に増えており、シェールオイルの生産も増加ペースが速まってくる可能性は高い。また、1-3月期のGDPは前期比0.69%と、予想を下回る伸びにとどまっており、個人消費で自動車関連が16%も落ち込んだことには注意が必要。米金利上昇に伴う自動車販売のペース鈍化が、顕著になってくる。リビアやナイジェリアなどの減産免除国の生産回復傾向も上値抑制要因となっている。

一方、季節的には、5月末(メモリアルデー)からドライブシーズンとなり、ガソリン需要が増加する時期。減産延長思惑が下値支持要因。強弱材料が交錯する中、200日移動平均線を挟んだ±3ドル程度のレンジ相場が継続するのではないか。

レポート
TOPへ