メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成29年5月15日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20 ~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

Q1 きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は? 

A1

本日の東京商品市場は、この週末に北朝鮮のミサイル発射や、世界的なサイバー攻撃があった事で、積極的にリスクを取る姿勢が回避された格好で始まりました。原油市場はサウジとロシアの減産延長合意で時間外の急騰を受けて、東京もプラスサイド回復。

 

Q2 弾道ミサイル発射実験で、再び北朝鮮リスクが浮上してきましたね。マーケットの反応は如何でしたか?

A2

5月に入り、北朝鮮リスクや欧州リスクが後退して、米利上げ観測からドル買いが・金売りが進んでいたが、北朝鮮による核実験示唆や弾道ミサイル発射、FBI長官解任、サイバー攻撃などを受けて、ドル売り・金買いの流れとなっています。

 

 

Q3 今後の北朝鮮情勢を見ていく上で、重要なスケジュールは何でしょうか?

A3

現段階では、いずれかによる先制攻撃の可能性は低いと見ますが、8月に予定されている米韓合同軍事演習に向けて、緊張は再度、高まる可能性。金(GOLD)にとっては、下値を支える要因となりそうです。

中国も秋の共産党大会に向けて、内部権力闘争が高まっており、反・習近平勢力が北朝鮮と連携している動きも見られ、制裁や仲介の動きも簡単ではないようです。米朝の直接対話の機会が設けられなければ、半島リスクは一時的に収まっても、消えることはないでしょう。

 

Q4 今週いろいろなイベントがありますが、菊川さんが注目しているのは?

A4

今週の注目は、イラン大統領選挙です。当初は、穏健保守の現職ロウハニ大統領の再当選と見られていたが、トランプ大統領当選で、「核合意破棄」に言及するなど、イランへの風当たりが強くなっており、保守強硬派が勢いを増しています。

ロウハニ大統領がまとめた経済制裁解除も段階的で、国民の不満も高い。

ただし、強硬派は票が割れており、現職有利に変化はないと言うのがコンセンサスだが、今月にトランプ大統領が、イランと対立するサウジやイスラエルなどを歴訪する事で、中東情勢に緊張が高まる可能性には注意したい。これらは、金や原油市場にとって、強気要因となるだろう。

 

Q5 原油市場は中東の地政学リスクに影響を受けそうですね、今後の見通しは?

A5

NY原油は、45ドル以下では、すかさず買い拾われ、自律反発局面。ドライブシーズン入りに伴う在庫減少期待や、本日、飛び込んできたサウジとロシアの来年3月までの減産朝合意で、5月5日の下ヒゲ安値を底値として、2016年から続いている50ドル±5ドルレンジの中心水準を試す動きへ。

ただし、米稼働リグ数は16週連続の増加で、シェールの増産がレンジ上限水準で上値を抑える構図に変化はない。波乱があるとすれば、中東の地政学リスク。この場合は、レンジ上限突破リスクが高まる。

レポート
TOPへ