メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成29年5月29日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20 ~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

Q1 きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

A1 週末のNY市場で、貴金属・原油市場が急伸した事で、概ね堅調に推しました。早朝の北朝鮮によるミサイル発射では、地政学リスクが意識される一方、リスク回避の円高とはならなかった事も、東京市場の堅調の一因となりました。

 

Q2 またしても北朝鮮からミサイルが発射されましたね。マーケットの反応は?

A2 市場の反応は限定的

3週連続で休場中に実施された北朝鮮の弾道ミサイル発射ですが、市場の反応は限定的。マーケットの材料としては、新鮮味に欠け、リスク回避の動きに繋がっていないが、30日には米国のICBM迎撃実験が予定されており、米海軍が原子力空母ニミッツ艦隊の西太平洋派遣を決めている。西太平洋地域に同時に3隻の空母を展開するのは異例の事態。8月の米韓合同訓練に向けて、改めて北朝鮮リスクが浮上する可能性には注意したい。

 

Q3 週末に開催されたG7を受けて、相場への影響はどうでしょうか?

A3 G7宣言

G7宣言では、「保護貿易主義との闘い」の文言が残ったものの、貿易について、米国が主張する「自由で公正で互恵的な貿易」が併記され、米国の保護貿易主義的な姿勢に変化はないと見られ、6月の利上げ観測は高まっているものの、ドルの上値、NY金の下値は、それぞれ限定的となるのではないか?

NY金(6月限)は、200日移動平均線を中心とした三角もち合い放れ待ち。米利上げ観測が高まっても三角保合いを下に放れる可能性は低いと考える。週末の雇用統計では無難な数字が出れば、再度、6月の米利上げ動向を織り込む動きが予想されるが、ドルの上値・金の下値は限定的と見る。

 

Q4 今週のスケジュールは如何でしょうか?

A4 議会証言が焦点

中国の格下げが懸念されるが、商品市場の需要動向を見極める上で、中国PMIに注意。

「ロシア・ゲート疑惑」が取り沙汰される中、元FBI長官の証言内容が最大の注目。ただし、ホワイトハウスが大統領行政特権を行使し、証言を阻止する可能性も報じられており、米政権内部の権力闘争は、継続的な波乱要因。

また週末に実施された、モンタナ州の下院補欠選挙では、接戦の末、共和党が勝利したが、来年の中間選挙に向けて、トランプについた方が得か否かが議会の行動に影響を与える。

「内政が上手くいかない時は、外国に対する危機感や恐怖感・愛国心を煽り、国民の意識を外にそらす」と言うことは、洋の東西を問わず、時の権力者が用いる手法である点にも注意したい。ラマダン入りで、各地でのテロ発生にも注意。外務省も5月22日付けで、ラマダン月のテロに関して注意喚起を出した。不確定要因が多い中、金が買われやすい地合いが継続見通し。

 

Q5 一方の原油はOPEC総会を受けて急落しましたが、今後の見通しは?

A5 減産延長は織り込み済み

NY原油は、OPEC総会での減産延長決定で「知ったら終い」となり急反落となった。200日移動平均線が位置する52ドル近辺で上値が抑えられた。シェールの増産圧力が上値を抑える構図。

さらに、今回減産が免除されているリビアやナイジェリアの増産観測も中期的な上値抑制要因。ナイジェリアは6月末までにフル生産に近い日量220万バレルへ回復するとの見通しを示している。

ただし、米ドライブシーズン入りに加えて、産油国の減産延長が下値を支え、45ドルを割り込むような展開は期待し難い。50±5ドルの逆張りの中での推移が継続しそう。Q1きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は?

 

レポート
TOPへ