メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成29年6月21(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.FOMC以降のドル高で、NY金が反落となっていますね?

「8日の重要イベントを無難に通過するなら、FOMC前に一旦、利食いで調整もあるだろう。」とお話しましたが、NY金は、6日の高値を起点に調整安となっています。

心理的節目1250ドルと重なる200日移動平均線を割り込み、テクニカル的な売り圧力が高まりそうだが、押し目は買い拾われると見る。2015年以降の米利上げ局面を振り返って見ると、NY金は利上げまでは下げても、利上げ以降は押し目を買い直され上昇トレンドを描いている。

FOMCでは、バランスシート縮小と利上げを並行して実施する意向だが、物価の伸びがついてきておらず、利上げが想定通りのペースで行われるか不透明。良い金利上昇と共に、株価が上昇して行けば、さらに金は下落するが、足元の米マクロ経済指標に弱気のモノも増えており、利上げに伴う株価への悪影響が意識されてくると、金の下値は限定的となるだろう。

 

2.一方の原油は、上値が重いままですね?

国際エネルギー機関(IEA)月報によると、2018年は石油の需要増を上回る供給拡大が見込まれると予想。石油輸出国機構(OPEC)とロシアなどによる協調減産で価格が上昇したことを受けて、米国のシェールオイル業者が増産するとみられるためで、減産効果が損なわれる可能性があると指摘している。

NY原油は、この1年間ほどは、50ドル±5ドルの逆張り相場が継続しているが、このレンジ下限を割り込んできた。オーバーシュートしやすい銘柄でもあり、40ドルを割り込む場面もあるかもしれないが、45ドル以下の安値は長続きしないと見る。

米シェールオイル生産各社は1~3月期、ヘッジ取引の規模を縮小。コスト増やOPECの減産延長決定による価格上昇観測が背景。ヘッジによる価格の確定を急いだ前年とは極めて対照的で、価格下落の影響を受けやすくなっている状況。米稼働リグ数増加が続いているが、45ドル以下の安値が続くと、夏~秋にかけてシェールの増産ペースが落ち込む可能性も。また、サウジ中心に減産幅拡大などの動きが出てくると、価格が低ければ低いほど、そのヘッドラインに反応し易い地合いとなろう。

レポート
TOPへ