メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成29年6月5日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20 ~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

きょうは、日産証券の菊川 弘之(きくかわ・ひろゆき)さんに伺います。

 

Q1 きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は? 

A1

雇用統計を受けたドル安・NY金高を受けて、貴金属が堅調推移となりました。ロンドンでのテロも安全資産としての金買いに繋がりました。原油市場は海外安+円高で続落で始まりましたが、東京時間の場中に、サウジを含む中東4ヶ国がカタールと断交したとのヘッドラインが流れた事で、大引けにかけて安値から値を戻す展開となりました。

 

Q2 まずは金ですが、雇用統計を受けて上がりましたね?

A2 ドル売り・金買いで反応

ADP雇用統計やISM製造業景況感指数が強気であった事から、強気の内容が期待されていた雇用統計だが非農業部門雇用者数が弱気となった事で、ドル売り・NY金買いとなりました。

ただし、失業率は改善して16年ぶりの低水準となり、平均時給も前月比で0.2%上昇した事で、6月の利上げ確率は高いままで、6月FOMCでは利上げが行われそうだが、米利上げに伴うドルの上値、NY金の下値は、既に5月上旬に織り込んで達成した感触。実際に利上げが実施されても反応は限定的となるのではないか?

 

Q3 今週は、重要なイベントが相次ぎますね?

A3 8日に重要イベント集中

今週は8日に重要イベントが重なる。英国の総選挙に加えて、ECB理事会、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官の上院情報特別委員会での議会証言が予定されている。いずれも、内容次第では金融市場に大きな変化を与える可能性が高い。

米国が問題視している中国・ドイツ・日本の貿易収支も予定されており、ドルの戻りは売られやすく、金の押し目は買われやすい地合いが続くのではないか?

 

 

 

Q4 そのNY金ですが、今後はどのような動きになりそうですか?

A4 不透明感高まる

NY金(8月限)は、200日移動平均線を中心とした三角もち合い放れ待ち。ドル円が重要イベントを受けて、心理的節目200日移動平均線を割り込んでくると、NY金の保合い上放れの可能性が高まる。先週お話ししたラマダン期間中のテロ懸念は、1ヶ月程度続きそうである点も安全資産としての金買いに繋がりそうだ。史上最高値を更新している米株価も、利上げが続くと、利上げに伴う負の側面も意識されてくるだろう。

東京市場は、円高で海外高が一定程度相殺されるものの、円高に反応後は、ドル建て金の上昇に追随する動きを予想する。

 

Q5 一方の原油相場は軟調な動きが続いていますが、今後の見通しは如何ですか?

A5 逆張り下限を試す動き

NY原油は、シェールの増産圧力や、減産が免除されているリビアやナイジェリアの増産が上値を抑え、45ドルが意識される流れ。OPEC減産が相殺されるのではないかとの懸念が上値を抑えている。

シェールオイルは、20週連続リグ稼働数が増加している事に加えて、掘削済みで未足上げの油井も増加しており、中長期的な売り圧力は強い。

ナイジェリアは6月末までにフル生産に近い日量220万バレルへ回復するとの見通しを示しており、45ドル以下は買い拾われるものの、200日移動平均線を上値抵抗とした戻り売り基調が続きそう。

本日、飛び込んできたサウジアラビア、バーレーン、エジプト、アラブ首長国連邦(UAE)のアラブ諸国4カ国が、カタールとの国交を断絶したと言いうへッドラインに反応したものの、産油国の供給障害を伴う地政学リスクが浮上してこない限り、50ドル±5ドルの逆張りレンジを抜ける可能性は低い。

レポート
TOPへ