メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成29年6月7日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.菊川さんがおっしゃっていたように、ドル円が下放れ、NY金が上放れましたね?

先週末の弱気の雇用統計を受けたドル円の反落。NY金が反発した流れを引き継いで、8日の重要イベントデーを前に、不透明感・不確定要因の高まりもあり、ドル円が200日移動平均線割れから下げ加速。それに伴って、NY金も、三角保合い上放れで上げ加速となっています。

雇用統計は事前予想ほど強くなかったものの、6月の利上げを否定するほどのモノでもなく、6月の利上げ確率はほぼ横ばいのままで、6月の利上げは実施されそうですが、実際に利上げが行われても、ドルの上値・NY金の下値は限定的と見る。既に、フランス大統領選挙の結果が出た5月上旬に6月の利上げを織り込んだ高値と安値を、それぞれ付けたと見る。

まずは、8日の重要イベントで波乱があるか否かが焦点。ここで波乱がれ場、金は上値試し、無難に通過するなら、FOMC前に一旦、利食いで調整もあるだろう。

 

2.原油は、上値が重いままですね?カタール断交の影響は如何ですか?

今週、サウジを始めとする中東4ヵ国がカタールに対して、断交を発表しました。最初にヘッドラインが飛び込んだ時には、買いで反応しましたが、戻りは売られる状況です。

サウジなど産油国の供給障害を伴う地政学リスクには至っていない事、クウェートが仲裁に入っている事、米軍基地があり、本格的な対立には至らないとの見方に加えて、OPEC内の結束が乱れ、協調減産姿勢に影響が出るとの懸念も材料視されています。カタールは、VWやSainsbury'sなど欧州企業の大株主でもあり、混乱が長引くと、欧州問題が浮上してくる可能性も。

断交の一つの大きな原因となったカタールによるイスラム過激派勢力への人質解放の身代金支払いもテロ支援と呼べるものではないような気もします。イラク領内でハンティング中に捕まった王族の解放に10億ドル支払われ、間接的にテロ支援したと言うのはこじつけに近い。また、今回の外交関係断絶に至った直接のきっかけとされるタミム首長の発言だが、カタールは正式に否定している中、ロシアのフェイクニュースであったとの見方も浮上している。

サウジとイランの代理戦争的な側面もあるが、現段階では産油国の供給障害を引き起こすような事態にはならない可能性。

大きな流れでは50ドル±5ドル、短期的には200日移動平均線を上値抵抗とした戻り売り主体の逆張り相場が継続するのではないか。

レポート
TOPへ