メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成29年5月17日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.先週、菊川さんがお話されたように、マーケットの流れが変わりましたね?

地政学リスク、欧州リスク、米暫定予算問題が、材料としては一服した事で、リスクオンの流れがとなっていましたが、北朝鮮による核実験の示唆や、弾道ミサイル発射、トランプ大統領のFBI長官解任に伴うロシアゲート問題、そして、トランプ大統領の機密情報漏えい問題などが相次いだことで、これまでのドル買い・金売りの流れが変わった感じです。

マーケットのテーマが、米利上げ動向から、地政学リスクや政治動向に、戻った格好です。

 

2.今後の展開は?

この流れは継続しそうです。米議会上院は11日、米通商代表部(USTR)代表に弁護士のロバート・ライトハイザー氏を起用する人事案を賛成82票、反対14票で承認。ようやくトランプ政権の通商政策が本格的に動き出す事となるが、ライトハイザー氏は1980年代のレーガン政権時代、USTR次席代表として、鉄鋼などの貿易交渉を担当。日米鉄鋼協議では、日本側に鉄鋼製品の自主的な輸出規制を認めさせるなど、強硬派として知られる人物で、円高ドル安要因として意識されそうです。

週末にかけて行われたG20財務相会合でも、米国の保護貿易主義的な主張に変化はありませんでした。ドルの上値・金の下値は、それぞれ限定的となるでしょう。

さらに、今週19日には、イランの大統領選挙がある中、イランと断交サウジやイランと対立しているイスラエルへのトランプ大統領の歴訪もあり、中東の地政学リスクの高まりが材料視されるかもしれません。

 

3.原油も減産延長の報道で上昇しましたね?

サウジトロシアによる来年3月までの減産延長合意の報道で、50ドル±5ドルの中心水準への戻りを見せました。45ドル以下の底値感は確認されたものの、レンジ上限を試すためには、産油国の供給障害を伴う地政学リスクが高まりなどの材料が必要。5月末からは米ドライブシーズンが始まるものの、今回の報道で減産延長のかなりの部分は、織り込まれており、減産量の拡大等がなければ、25日の産油国会合で「知ったら終い」となる可能性も。レンジ内での逆張り対処。

レポート
TOPへ