メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

日経CNBC『WRAP TODAY』

このレポートは平成29年5月22日(月)日経CNBC「WRAP TODAY」(15:20 ~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

Q1 きょうの東京商品先物市場、一日を振り返って目立った点は? 

A1 本日の東京商品市場は、週末の海外市場高に加えて、円高一服で、国際商品市場は全面高の展開でした。

 

Q2 再び北朝鮮がミサイルを発射しましたがマーケットの反応はどうでしたか?

A2 市場の反応は限定的

先週に続いて、休場中に実施された北朝鮮の弾道ミサイル発射ですが、週明けの市場の反応は限定的となりました。先週のミサイル発射は「まさか?」、今週は「またか!」だったが、マーケットの材料としては、新鮮味に欠けた。

また、レッドラインとされる核実験ではなく、ミサイル発射であった事、トランプ大統領が外遊中で、急速なリスクの高まりには繋がらないとの見方も強く、リスク回避の動きに繋がらなかった。

既に、「ロシア・ゲート」疑惑」の高まりで、ドル円は大幅下落しており、週末段階で下げ一服、リバウンドの流れとなっていた事も一因。東京の商品市場は、先週の円高で売られた部分を回復する動きとなっている。

 

Q3 またイランの大統領選挙の結果を受け、今後の見通しはどうですか?

A3 保守穏健派勝利

保守強硬派が勝利すると、中東の地政学リスクが高まると懸念されていましたが、現職の保守穏健派のロウハニ大統領の再選で、波乱要因が一つ後退した格好です。ただし、トランプ大統領が、初の外遊で、イランと対立するサウジアラビア、イスラエルを訪問する予定で、「イラン包囲網」の動きは継続している。イスラエル、パレスチナ自治政府とも会談予定で、G7にかけて出るトランプ大統領発言には注意。発言の内容次第では、マーケットが急激にアップダウンするリスクは残る。

 

Q4 その他の今週のスケジュールは如何ですか?

A4 イラン大統領選挙

23日に予算教書、24にはFOMC議事録が予定されているが、「ロシア・ゲート疑惑」が取り沙汰される中、トランプ大統領の議会運営は困難が予想され、トランプ政策に対する期待感は高まり難い地合いとなろう。6月の利上げ観測も大きくは高まらないと思われ、ドル円の自律反発以上の高値は期待薄か?

そうなると、米利上げ観測からのNY金の下値も限定的となる。メモリアルデーの3連休や、来週以降の早い段階で予定されているコミー前FBI長官の議会証言などを控えて、トランプ大統領の突発的な発言がなければ、週末にかけて様子見ムードが高まるかもしれない。原油価格にとっては、OPEC総会の行方が重要だ。

 

Q5 そのOPEC総会で減産延長への期待から、原油が約1カ月ぶりの高値を付けましたね。

A5 減産延長じは織り込み済み

NY原油は、サウジとロシアの来年3月までの減産合意報道以降、25日の会合での減産延長を織り込みながら、週末のNY原油市場は、50ドル台を回復。原油市場と相関の高いユーロが、フランス大統領選挙、ドイツ州議会選挙を無難に通過して、ユーロ高が進んでいる事も下値を支えた。

 

 

ただし、米稼働リグ数は18週連続の増加で、シェールの増産が上値を抑える構図に変化はない。

25日のOPEC総会で、減産延長決定でも「知ったら終い」となる可能性には注意したい。この場合は、50±5ドルのレンジ上限を突破するには至らず、200日移動平均線が位置する52ドル近辺で上値が抑えられるのではないか?大きく上がるとすれば、減産延長だけでなく、減産幅拡大が決まった時。このケースの際は、レンジ上限を試しそうだが、それでも、55ドル近辺での戻り売り圧力は強い。

レポート
TOPへ