メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成29年5月10日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.本日早朝未明に、北朝鮮による核実験実施の可能性が報じられ、流れが変わった感じですね?

4月のリスク回避の流れから、5月は、地政学リスク、欧州リスク、米暫定予算問題が、根本的に解決した訳ではないものの、それぞれ材料としては一服した事で、リスクオンの流れが続いていました。

昨晩の海外市場では、ドル円は114円台、NY金も1200ドル台前半まで修正が見られましたが、今朝方の北朝鮮による核実験の可能性が駐英大使から発表された事や、FBI長官が解任された事などから、リスクオンの巻き戻しが午前中続きました。

 

2.この流れは、継続しそうですか?

過去の北朝鮮による核実験は、全て午前中に実施されており、午後からは多少、落ち着きを見せるのではないか?

韓国聯合ニュースが報じたところによると、北朝鮮外務省で対米交渉や核問題を担当する崔善姫北米局長と米国の元政府高官らは8日、ノルウェーのオスロで非公式接触を始めた模様で、米国-北朝鮮、中国-北朝鮮が、それぞれ交渉に入っている間は、口先の牽制はあっても、核実験を実施する可能性は低いと見る。

落ち着きが出ても、そこから再び、ドル買い・金売りが大きくなる可能性も低いだろう。今月に入り、ロス米商務長官から、対日赤字について「米国はこれ以上耐えられない」との声明が出ている中、ドルの更なる高値、NY金の更なる安値の余地は、それぞれ小さくなってくる感触。 

波乱要因は、FBI長官解任が、先々ロシアゲート事件に問題が発展する事や、北朝鮮・中東リスクなど。これら地政学リスクに大きな変化がなければ、11日から始まるG7財務省・中銀総裁会議に市場の関心は移行する。ドル高牽制の有無に注目したい。 

 

3.原油も下げていますが、今後の見通しは?

昨晩、米エネルギー省情報局(EIA)は、 2017年度の世界石油供給を日量9,847万バレルと前月から16万バレルの上方修正、前年から138万バレル、1.42%の増加。2018年の供給も日量 1億40万バレルと22万バレルの引き上げ、前年からは193万バレル、1.96%増加する見通しを示したことで、戻りを売られた。ここ数年のNY原油は、50ドル±5ドルのレンジが続いており、レンジ下限をさらに売り叩く動きは、避けられるだろう。5月末からは米ドライブシーズンが始まる。価格が下がれば下がる程、25日の産油国会合へ向けて、減産延長への協調姿勢は強まるだろうし、大きく下げるなら、減産の延長だけでなく、減産幅の拡大も出てくるかもしれない。5日に付けた下ヒゲ安値が、当面の底値候補と見る。19日にはイランの大統領選挙、月末にはエルサレムへの大使館移転問題の再燃など、5月中旬以降は中東リスクが浮上してくる可能性もある。

レポート
TOPへ