メディア掲載レポート | レポート・市況

Back Number

  1. 2017/07/25 日経CNBC『WRAP TODAY』
  2. 2017/07/24 時事通信社「アナリストの目」
  3. 2017/07/18 日本経済新聞
  4. 2017/07/14 Yahoo!ファイナンス
  5. 2017/07/14 日本経済新聞
  6. 2017/07/13 日本経済新聞
  7. 2017/07/11 日経CNBC『WRAP TODAY』
  8. 2017/07/10 日本経済新聞
  9. 2017/07/07 Yahoo!ファイナンス
  10. 2017/07/07 日本経済新聞
  11. 2017/07/06 日本経済新聞
  12. 2017/07/04 みんなのコモディティコラム
  13. 2017/07/04 日経CNBC『WRAP TODAY』
  14. 2017/06/29 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  15. 2017/06/27 日経CNBC『WRAP TODAY』
  16. 2017/06/27 日本経済新聞
  17. 2017/06/23 みんなのコモディティコラム
  18. 2017/06/22 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  19. 2017/06/20 日経CNBC『WRAP TODAY』
  20. 2017/06/19 STOCK VOICE「TOCOM コモディティ・フォーカス」
  21. 2017/06/19 日経ヴェリタス
  22. 2017/06/15 日本経済新聞
  23. 2017/06/13 日経CNBC『WRAP TODAY』
  24. 2017/06/13 みんなのコモディティコラム
  25. 2017/06/12 日本経済新聞
  26. 2017/06/08 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  27. 2017/06/08 日本経済新聞
  28. 2017/06/07 日本経済新聞
  29. 2017/06/06 みんなのコモディティコラム
  30. 2017/06/06 時事通信社「アナリストの目」
  31. 2017/06/05 日経CNBC『WRAP TODAY』
  32. 2017/06/02 Yahoo!ファイナンス
  33. 2017/06/01 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  34. 2017/06/01 日本経済新聞
  35. 2017/05/30 みんなのコモディティコラム
  36. 2017/05/30 日経CNBC『WRAP TODAY』
  37. 2017/05/29 日本経済新聞電子版
  38. 2017/05/25 日本経済新聞
  39. 2017/05/24 日本経済新聞電子版
  40. 2017/05/24 ラジオ日経「マーケットトレンド」
  41. 2017/05/23 日経CNBC『WRAP TODAY』
  42. 2017/05/19 Yahoo!ファイナンス
  43. 2017/05/18 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  44. 2017/05/16 みんなのコモディティコラム
  45. 2017/05/16 日経CNBC『WRAP TODAY』
  46. 2017/05/12 Yahoo!ファイナンス
  47. 2017/05/12 日本経済新聞
  48. 2017/05/11 STOCK VOICE「グローバルストラテジー」
  49. 2017/05/10 Yahoo!ファイナンス
  50. 2017/05/09 日経CNBC『WRAP TODAY』
  51. 2017/05/02 日経CNBC『WRAP TODAY』

STOCK VOICE「グローバルストラテジー」

このレポートは平成29年5月31日(水)STOCK-VOICE「東京マーケットワイド」(13:30~)で、弊社調査部・菊川弘之が出演したものを概略としてまとめています。

1.6月の利上げ観測が高まりを見せていますが、ドル円の上値、NY金の下値は、それぞれ限定的となっていますね?

ドル円は、2016年12月高値を起点とした下降チャネル継続。90日移動平均線(5/31:112.16円)や一目均衡表の雲の上限が上値抵抗として機能中。200日移動平均線(5/31:110.21円)や雲の下限を試す流れとなっています。

一方、NY金は心理的節目1250ドルを維持している。200日移動平均線(5/31:1252.3ドル)を下値支持として、三角保合いの上限を試す流れとなっている。

米利上げ観測にもかかわらず、ドルの上値・NY金の下値が限定的なのは、週末発表の雇用統計の数字が良くて、6月の利上げが実施されたとしても、トランプ政権の保護貿易主義的な動きには変化がない事、ラマダン入りでテロが懸念される事、「ロシアゲート疑惑」の行方が不透明な事、北朝鮮のミサイル実験が続いている事、米海軍の原子力空母が、北朝鮮近海に3隻体制で移動中であること、英国の選挙にも不透明感が高まっている事など、積極的にリスクオンにはなり難い地合いとなっている。

 

2.以前、ご紹介して頂いた「金・銅比価」も低下しているようですね?

米国の金利動向の先行指標でもある金・原油比価も下降トレンドを継続しており、ドル円も自律反発以上の上昇が期待し難い地合いです。

 

3.原油は、菊川さんがお話されたように「知ったら終い」となりましたね?

サウジとロシアによる来年3月までの減産延長合意の報道で、大きく続伸しましたが、25日の産油国会合で、200日移動平均線で上値が抑えられて急反落。「噂で買われて事実で売る」展開となりました。市場の一部で期待された減産幅拡大がなかった事、シェールだけでなく、減産が免除されているナイジェリアやリビアの生産量が急回復しそうなこと、中国経済の減速観測などが上値を抑えた。ただし、45ドル以下を売り込むような動きも避けられており、大きな流れでは50ドル±5ドル、短期的には200日移動平均線を上値抵抗とした戻り売り主体の逆張り相場が継続見通し。

レポート
TOPへ