海外市況 | レポート・市況

更新:2017/03/27 07:58(現地:3月24日)

--NY--
為替   1ドル=111円33銭-111円43銭(午後5時現在、前日比43銭円安)
9営業日ぶりに反発。米下院で予定していた医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の採決が取り下げられ、トランプ政権が想定よりも早く税制改革の協議に着手するとの思惑が浮上し、景気刺激的な経済政策の実現を見込んだ円売り・ドル買いが入った。
ダウ   始 20674.45 高 20718.33 安 20529.67 終 20596.72(前日比-59.86)ドル
7日続落。米政権の政策運営の先行きを見極めたいとの慎重姿勢が続いた。米政権による経済政策への期待から買われてきた金融のゴールドマン・サックスなどに幅広い銘柄に売りが出た。
金  04月限 始 1245 高 1251.9 安 1240.7 終 1248.5(前日比+1.30)ドル
ドル高やアジア株・米株価指数先物の上昇で前日安値を下回ったが、ドル反落や、オバマケア代替法案に対する米議会の表決を控えた買い戻しで切り返した。
銀  05月限 始 17.595 高 17.8 安 17.54 終 17.748(前日比+0.155)ドル
ドルの急反落や米国株の上昇、金の反発を好感、テクニカル買いを誘って前日高値を突破した。
白金  04月限 始 962.5 高 970.2 安 957.2 終 967.9(前日比+4.10)ドル
ドル高や金の下落が圧迫したが、前日安値を維持したあとは、ドル反落や米国株の上昇、パラジウム続伸、金の上値追いで一時970ドルを突破した。
原油  05月限 始 47.67 高 48.2 安 47.54 終 47.97(前日比+0.27)ドル
クウェートでの減産順守監視員会の閣僚会議を控え、減産延長のセンチメントが高まるどうかなどを見極めたいとの思惑が広がる一方、引き続き供給過剰懸念が嫌気された。
コーヒー 05月限 始 140.05 高 140.3 安 137.1 終 137.6(前日比-2.90)セント
レアル高・ドル安のなか心理的な節目である140.00セントを下回った。
粗糖  05月限 始 17.67 高 17.97 安 17.54 終 17.71(前日比+0.11)セント
大幅な供給過剰に転じる見通しなどを嫌気した売り圧力が一巡するなか、週末前の修正や下値拾いの動きなどに支えられ続伸した。
--ロンドン--
アルミ 3ヶ月物 始 1940.0 高 1940.0 安 1929.5 終 1939.0(前日比+5.5)ドル
米株価指数先物の上昇、独・ユーロ圏PMIの上昇をを受け小幅続伸。
--シカゴ--
大豆  05月限 始 990.5 高 991 安 972.25 終 975.75(前日比-15.25)セント
大幅続落。レンジを下放れてテクニカルが悪化、ブラジルの豊作観測や原油反落で約5カ月ぶりの安値に沈んだ。米国産の輸出に対する悲観的な見方、今年の米国作付面積の増加予想なども引き続き材料視された。
コーン  05月限 始 357 高 358 安 355.25 終 356.25(前日比-0.50)セント
小幅続落。ドル高や大豆の下値追いで反落したあと、前日安値で支えたことから売りに対する警戒感が台頭、ドル反落、小麦反発で切り返したが、大豆の下値追いや原油反落、ブラジル豊作観測で前日安値を下回り、年初来安値を更新した。

--NY--

為替   1ドル=111円33銭-111円43銭(午後5時現在、前日比43銭円安)

9営業日ぶりに反発。米下院で予定していた医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案の採決が取り下げられ、トランプ政権が想定よりも早く税制改革の協議に着手するとの思惑が浮上し、景気刺激的な経済政策の実現を見込んだ円売り・ドル買いが入った。

 

ダウ   始 20674.45 高 20718.33 安 20529.67 終 20596.72(前日比-59.86)ドル

7日続落。米政権の政策運営の先行きを見極めたいとの慎重姿勢が続いた。米政権による経済政策への期待から買われてきた金融のゴールドマン・サックスなどに幅広い銘柄に売りが出た。

 

金  04月限 始 1245 高 1251.9 安 1240.7 終 1248.5(前日比+1.30)ドル

ドル高やアジア株・米株価指数先物の上昇で前日安値を下回ったが、ドル反落や、オバマケア代替法案に対する米議会の表決を控えた買い戻しで切り返した。

 

銀  05月限 始 17.595 高 17.8 安 17.54 終 17.748(前日比+0.155)ドル

ドルの急反落や米国株の上昇、金の反発を好感、テクニカル買いを誘って前日高値を突破した。

 

白金  04月限 始 962.5 高 970.2 安 957.2 終 967.9(前日比+4.10)ドル

ドル高や金の下落が圧迫したが、前日安値を維持したあとは、ドル反落や米国株の上昇、パラジウム続伸、金の上値追いで一時970ドルを突破した。

 

原油  05月限 始 47.67 高 48.2 安 47.54 終 47.97(前日比+0.27)ドル

クウェートでの減産順守監視員会の閣僚会議を控え、減産延長のセンチメントが高まるどうかなどを見極めたいとの思惑が広がる一方、引き続き供給過剰懸念が嫌気された。

 

コーヒー 05月限 始 140.05 高 140.3 安 137.1 終 137.6(前日比-2.90)セント

レアル高・ドル安のなか心理的な節目である140.00セントを下回った。

 

粗糖  05月限 始 17.67 高 17.97 安 17.54 終 17.71(前日比+0.11)セント

大幅な供給過剰に転じる見通しなどを嫌気した売り圧力が一巡するなか、週末前の修正や下値拾いの動きなどに支えられ続伸した。

 

--ロンドン--

アルミ 3ヶ月物 始 1940.0 高 1940.0 安 1929.5 終 1939.0(前日比+5.5)ドル

米株価指数先物の上昇、独・ユーロ圏PMIの上昇をを受け小幅続伸。

 

--シカゴ--

大豆  05月限 始 990.5 高 991 安 972.25 終 975.75(前日比-15.25)セント

大幅続落。レンジを下放れてテクニカルが悪化、ブラジルの豊作観測や原油反落で約5カ月ぶりの安値に沈んだ。米国産の輸出に対する悲観的な見方、今年の米国作付面積の増加予想なども引き続き材料視された。

 

コーン  05月限 始 357 高 358 安 355.25 終 356.25(前日比-0.50)セント

小幅続落。ドル高や大豆の下値追いで反落したあと、前日安値で支えたことから売りに対する警戒感が台頭、ドル反落、小麦反発で切り返したが、大豆の下値追いや原油反落、ブラジル豊作観測で前日安値を下回り、年初来安値を更新した。

レポート
TOPへ