本日の国内市況 | レポート・市況

貴金属(2016/12/09 15:58)

金はまちまち、白金は反落

東京金先限 4279円(-1円)、東京白金先限 3426円(-18円)、金限日4299円(±0円)

 東京金は、前日のNY安を受けて売り優勢で始まった後、午後からは円安を受けて下げ一服。NY金の時間外も下げ一服となり、まちまちで引けた。
 前営業日比は、金標準、金ミニが3円安~21円高、ゴールド100が変わらず。


 東京白金は、前日のNY白金相場の下落を受けて売り優勢で始まった後、下げ幅を拡大したが、円安が下支えとなった。午後に入ると、戻りを売られて反落。
 前営業日比は、白金標準、白金ミニが27~18円安。

原油(2016/12/09 15:59)

反発

ドバイ原油先限 37770円(+970円)

 東京ドバイ原油は、大幅高。前日の海外原油高を背景に、大幅高で始まった。午後に入り、円がジリ安となったこと、ニューヨーク原油夜間取引高から上げ幅を拡大。

 前営業日比は、830~1010円高。

石油製品(2016/12/09 15:59)

大幅高

東京バージガソリン先限 51730円(+750円)、東京バージ灯油先限 46700円(+870円)

 東京石油製品市場は、大幅高。前日の海外原油高を背景に、700円超の上昇で始まった。午後に入っても、円安や、NY原油夜間取引高から上げ幅を拡大。

 前営業日比は、ガソリンが550~850円高、灯油が830~1420円高。

トウモロコシ(2016/12/09 15:59)

上昇

東京とうもろこし先限 20770円(+60円)

 東京とうもろこしは、上昇。前日のシカゴ安で総じて小安く始まったが、引けにかけて、円ジリ安やシカゴ夜間取引高を背景に先限から地合いを引き締めた。

 前営業日比は20~250円高。

大豆(2016/12/09 15:59)

軟調

東京一般大豆先限 51000円(-200円)

 東京一般大豆は、前日のシカゴ安に続いて、シカゴ夜間取引が続落した事で売りが主導。

 大引けの前営業比は400円安~変わらず。

ゴム(2016/12/09 16:00)

反発

東京ゴム先限 245.4円(+5円)

 東京ゴムは、前日の流れを引き継いで軟調で始まったが、引けにかけて上昇。全限ともにプラス圏まで反発した。上海ゴム高・原油高・株高・円安などが材料視されて、押し目が買われた。

 大引けの前営業日比は1.2~5.0円高。

小豆(2016/12/09 16:00)

東京小豆はまちまち 東京コメは総じて下落、新潟コシは総じて反発

東京小豆先限 11620円(-50円) 東京コメ先限 12850円(±0円) 新潟コシ先限 15100(+150円)

 東商小豆は、まちまち。期中3本が堅調となったが、先限が反落。

 大引けの前営業日比は、50円安~90円高。


 東京コメは、総じて下落。横ばいで始まったのち、4月限が前2で下落し、後3で下
げ幅を拡大した。
 
 新潟コシは、総じて反発。横ばいで始まったのち、後3で先限が上昇した。

 大引けの前営業日比は、東京は100円安~変わらず、新潟は変わらず~150円高。

レポート
TOPへ