本日の国内市況 | レポート・市況

貴金属(2017/09/20 16:44)

金は反発 白金は続落

東京金先限 4688円(+4円)、東京白金先限 3424円(-20円)、金限日4703円(+6円)

東京金は、反発。19日のニューヨーク金先物相場がほぼ横ばいだったことで、小動きに始まった。その後、円安一服やドル建て現物相場の堅調を受け、もみ合いとなった。午後に入ると、ドル建て現物相場の上昇を受けて小幅高となった。
前営業日比は、金標準・金ミニが2~6円高、ゴールドスポットが6円高。
東京白金は、続落。NY安を眺め、売り優勢で始まったのち、円安一服などを受けて軟調となった。午後に入ると、ドル建て現物相場の上昇を受けて下げ幅を縮小した。
前営業日比は、白金標準・白金ミニが20~10円安、プラチナスポットが9円安。

東京金は、反発。19日のニューヨーク金先物相場がほぼ横ばいだったことで、小動きに始まった。その後、円安一服やドル建て現物相場の堅調を受け、もみ合いとなった。午後に入ると、ドル建て現物相場の上昇を受けて小幅高となった。

前営業日比は、金標準・金ミニが2~6円高、ゴールドスポットが6円高。

東京白金は、続落。NY安を眺め、売り優勢で始まったのち、円安一服などを受けて軟調となった。午後に入ると、ドル建て現物相場の上昇を受けて下げ幅を縮小した。

前営業日比は、白金標準・白金ミニが20~10円安、プラチナスポットが9円安。

原油(2017/09/20 16:44)

反落

プラッツドバイ原油先限 37020円(-240円)

プラッツドバイ原油は、反落。ニューヨーク原油が下落したことを受けて、ポジション調整の売りが先行して始まった。その後、海外原油の夜間取引が堅調に推移したことに下値を支えられて推移した。
前営業日比は、240~80円安。

プラッツドバイ原油は、反落。ニューヨーク原油が下落したことを受けて、ポジション調整の売りが先行して始まった。その後、海外原油の夜間取引が堅調に推移したことに下値を支えられて推移した。

前営業日比は、240~80円安。

石油製品(2017/09/20 16:44)

まちまち

バージガソリン先限 51440円(-70円)、バージ灯油先限 51600円(-60円)

東京石油製品市場は、まちまち。原油安を受けて売りが先行して始まった。その後、海外原油の夜間取引が堅調に推移したことに下値を支えられて推移した。ガソリンは小幅安、灯油は小幅まちまちとなった。
前営業日比は、ガソリンが370~70円安、灯油が80円安~330円高。

東京石油製品市場は、まちまち。原油安を受けて売りが先行して始まった。その後、海外原油の夜間取引が堅調に推移したことに下値を支えられて推移した。ガソリンは小幅安、灯油は小幅まちまちとなった。

前営業日比は、ガソリンが370~70円安、灯油が80円安~330円高。

トウモロコシ(2017/09/20 16:44)

反落

東京とうもろこし先限 21040円(-190円)

東京とうもろこしは、反落。19日のシカゴ相場がテクニカルな売りや季節要因に圧迫されて続落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。その後、為替がやや円高に振れたことに下押され軟調に推移した。
前営業日比は、190~30円安。

東京とうもろこしは、反落。19日のシカゴ相場がテクニカルな売りや季節要因に圧迫されて続落した流れを引き継ぎ、売りが先行して始まった。その後、為替がやや円高に振れたことに下押され軟調に推移した。

前営業日比は、190~30円安。

大豆(2017/09/20 16:45)

軟調

東京一般大豆先限 46320円(-110円)

東京一般大豆は、総じて軟調。前日のシカゴが軟調だったうえ、為替もやや円高に振れたことで上値が重くなった。先限は小幅安で引けた。
前営業日比は、520円安~変わらず。

東京一般大豆は、総じて軟調。前日のシカゴが軟調だったうえ、為替もやや円高に振れたことで上値が重くなった。先限は小幅安で引けた。

前営業日比は、520円安~変わらず。

ゴム(2017/09/20 16:45)

続落

東京ゴム先限 212.2円(-1.2円)

東京ゴムは、当限を除いて続落。上海相場の弱地合いを引き継ぎ、売りが先行して寄り付いた。その後、上海ゴムが下げ渋りを見せると、東京ゴムは安値圏でのもみ合いとなった。期近9月限は、薄商いだったものの、プラスサイドに振れて取引を終えた。
前営業日比は、1.8円安~1.2円高。

東京ゴムは、当限を除いて続落。上海相場の弱地合いを引き継ぎ、売りが先行して寄り付いた。その後、上海ゴムが下げ渋りを見せると、東京ゴムは安値圏でのもみ合いとなった。期近9月限は、薄商いだったものの、プラスサイドに振れて取引を終えた。

前営業日比は、1.8円安~1.2円高。

小豆(2017/09/20 16:45)

東京小豆は下落 東京コメは変わらず、新潟コシはまちまち

東京小豆先限 12790円(-130円) 東京コメ先限 14150円(±0円) 新潟コシ先限 15390円(-10円)

東京小豆先限は、下落。当限が700円安の急落となったことを警戒し、利食い売りが先行した。
大引けの前営業日比は、700~90円安。
東京コメは、変わらず。期近9月限が納会を迎え、見送り気分が強かった。
新潟コシは、小幅まちまち。
前営業日比は、東京は変わらず、新潟は10円安~10円高。

東京小豆先限は、下落。当限が700円安の急落となったことを警戒し、利食い売りが先行した。

大引けの前営業日比は、700~90円安。

 

東京コメは、変わらず。期近9月限が納会を迎え、見送り気分が強かった。

新潟コシは、小幅まちまち。

前営業日比は、東京は変わらず、新潟は10円安~10円高。

レポート
TOPへ