日産証券CXレポート

金、9月の米利上げを巡り値動きが活発化

 

 2016年8月29日(月)
金融・貴金属アナリスト
亀井 幸一郎

株式市場から債券、為替、商品さらには不動産市場まで横断的に世界中の市場関係者の関心を集めた8月26日のイエレンFRB議長の講演。金はその方向性を米金融政策に左右される傾向が強いアセット(資産)のひとつだが、それは、かつて米国ドルの裏付けとして使われていたという歴史的背景がある。米国金利の上昇はドル高傾向を強め、利息を生まない金の売り材料となる。

ジャクソン・ホール、注目のイエレン議長講演

さて注目の8月26日のワイオミング州ジャクソン・ホールでのイエレンFRB議長の講演は、タイトルが「Designing resilient monetary policy framework for the future」だった。「将来のための変化に強く、対応性の高い金融政策の枠組みの設計」といったところか。今回のシンポジウムのテーマでもある低成長・低インフレという経済の構造変化の中での金融政策のフレームワークについて述べた。つまり、中長期的な視点の話であり、もともと目先の金融政策の方向性とは関係のないものだった。

しかし、冒頭で同議長はこのテーマを離れて米国景気の見通しと政策判断に触れた。自身の今回の発言に対する市場の注目度の高さを考慮したもので、この辺りが市場との対話に重きを置く同議長ならではということだろう。

議長は米国景気を総括し「米経済は緩やかな拡大が続き、労働市場も力強く、物価上昇率は数年内に目標の2%に到達するとみている」とした。その上で政策判断としては、「引き続き緩やかな利上げが適切」とし、「ここ数カ月では、利上げの条件が整ってきたと思っている」とした。この最後の発言が、メディアで広く取り上げられ、“利上げに意欲を示した。具体的な時期に言及しなかったが、9月の利上げの可能性も出てきた”とのニュアンスで伝えられた。

市場価格を刺激したフィッシャー副議長の発言(イエレン発言には変化なし)

このニュースに金市場は乱高下した。
金市場は、「議長が利上げの根拠が強まったと発言」との部分に反応し、一気に売りが膨らんだ。ニューヨーク・コメックスの中心限月12月もの(以下同じ)は、1330ドル半ばから10ドルほど急落した。しかし、その後急速に買い戻され、20ドルほど急反発、この日の高値1346.00ドルを記録した。これは議長の発言内容全体が、8月17日に公開された7月のFOMC議事録要旨に沿ったものであったことによる。「われわれの決定は常に経済指標次第で、景気の見通しは不透明」という発言内容もここまでと同じ。また6月のFOMC(連邦公開市場委員会)で、以前より強く押し出した「利上げは緩やか」という方針も今回再確認している

当初の金の急落は、“利上げに前向き”という一報にコンピュータ-プログラムが売りで反応したものだろう。次に内容を仔細にみると何も変化していないことが判明し、一気に買戻しの動きに転じたとみられる

ただ、これで終わりではなかった。広く報じられたように、議長の講演終了後に9月利上げの可能性を問われたテレビのインタビューでフィッシャー副議長が、「議長はその質問にイエスと答えているのと同じだ」と発言。やはり9月の会合(FOMC)も“Live(ライヴ、利上げ判断をする可能性あり)” という判断となり、再び売りに転じ、当初に売り込まれた際の安値を下回る1321.20ドルまで急落した(グラフ参照)。

8月の米雇用統計に関心が高まるが難題多い米利上げ

結局、26日のNY市場の金価格は、前日比1.30ドル高の1325.90ドルで終了した。その後の時間外の取引では、1320ドル台前半での値動きに始終して週末の取引 を終了した

それでは、9月の利上げ可能性はどうなるのか。9月の可能性を指摘したフィッシャー副議長だが、やはり「利上げは経済指標次第」としたことから、9月2日に発表される8月の米雇用統計の内容、特に前月比での就業者数の増加数が注目される。5月はわずかに2万4000人、6、7月は好調の目安となる20万人を大きく上回ったが、この数字の“振れ”がイエレン議長をして慎重な発言を取らせたという指摘もある。仮に8月分が好調な結果となると、市場は一気に9月の利上げを織り込みに掛りそうだ

金市場では先週以降、ファンドによる買い建て(ロング)の手仕舞い売りが目立っているが、過去最高水準のネットでの買い越し(8月23日時点で重量換算912トン、オプション取引を除く)を維持しているだけに、内部要因から来る値動きの重さは否めない。直近安値の1310.70ドル(7月21日)を下回れば、1300ドルの攻防となりそうだ。このラインを維持すればかなり強気のシグナルとなるが、1270~1280ドルまでの下げもあろう。この段階で前回指摘した「Brexiti、ブリグジット(英国のEU離脱)」騒動をきっかけにした“イベント反応型の上昇相場” が一巡したことになる。

9月利上げには未だ高いハードルが

その後の問題は、可能性は高まるものの実際に利上げするのか否かということだ。FRBは出来れば利上げをしたいのは分かる。景気拡大期はすでに8年目に入っているだけに、景気循環からはいつ下りの波がやって来ても不思議はない。そうなった際の政策手段(利下げ余地)を作っておきたいからだ。しかし、利上げ自体がその腰折れのきかっけにつながる可能性があり、内部に慎重論も多いのも確か。特にブレイナード、タルーロという両理事が慎重論を唱えている。7月のFOMC議事録でも意見の分かれが表面化していた。

もうひとつ難題がある。ドル相場の問題だ。ドル高が米製造業の業績の圧迫要因となり、設備投資の低迷など引き締め効果を発揮したことは、12月の利上げ以降に表面化した。利上げ観測が高まるにつれドルが買われ、そのまま引き締めバイアスがかかり利上げ効果が発揮される環境が出来上がることが悩ましい。

つまり、指標がよくても単純に9月に利上げが実行されるとは言えない状況にある。見送りとなると、一旦は売りに押された金市場は反転ということになるが、その際は買い残整理が進展しており、その後の値動きも軽くなることが考えられよう。

2016年8月26日 イエレン議長の講演を挟み乱高下した金市場

イエレン議長講演で乱高下した金市場

グラフ(Bloomberg)

《執筆者紹介》

亀井幸一郎(かめいこういちろう)
マーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役、金融・貴金属アナリスト、1979年中央大学法学部法律学科卒業。山一證券に8年間勤務後、1987年投資顧問会社で日本初のFP会社でもあるMMI入社。1992年ワールド ゴールド カウンシル(WGC/本部ロンドン入社。企画調査部長として経済調査、世界の金情報の収集、マーケット分析、市場調査に従事。2002年現職。「急騰前に金を買いなさい」(廣済堂出版)など

【免責事項】

「週刊日産証券C X レポート」( 以下、本情報と略記) は、株式会社市場経済研究所が提供する一定の条件の下で執筆者が作成したレポートです。

利用者は、本情報を利用者ご自身でのみご覧いただくものとし、ご自身の判断と責任においてご利用ください。本情報は一定の情報を提供するものに過ぎず、特定の銘柄、金融商品、商品価格などについての投資・購買に関する助言や勧誘を目的としたものではありません。また、市場経済研究所は、投資助言・代理業を一切行っておりません。

利用者は、本情報に関して、第三者への提供や再配信、再配布、独自に加工すること、複写もしくは加工・印刷したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。また、本情報のウェブページへのリンクは禁止します。その他、市場経済研究所が適当でないと判断する行為をした場合には、利用を停止させて頂くことがあります。

本情報の利用にあたり、利用者が故意または過失により、市場経済研究所および当該執筆者に対して、何らかの損害を与えた場合には、市場経済研究所等は損害賠償請求をすることがあります。

レポート
TOPへ