日産証券CXレポート

金、米利上げ観測後退と世界的リスク・オフで一段高 2016年2月15日(月)

マーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役
亀井 幸一郎

金、米利上げ観測後退と世界的リスク・オフで一段高

ドル建て金価格(以下、金価格)は、年明けから人民元相場の軟化に端を発する中国不安や想定以上の原油相場の下落による産油国や米シェール業界の信用不安が高まる中、世界同時株安など国際金融界に動揺が広がり、それに伴い安全資産としての注目度が上がり、水準を切り上げてきた。

それでも1,100ドル台に乗せると売り買い交錯状態となり、上値の重い展開に移行した。これは上昇がもっぱらファンドの売り建て(ショート)の買戻しによるものであって、新規資金の流入が確認できていなかったこと、米連邦準備理事会(FOMC)が年内に4回の利上げを想定していたことによる。

利上げ観測後退で高まった上場気運

しかし、1月の連邦公開市場委員会(FOMC)で、FRBも中国経済の先行きや国際金融の動揺の米経済への影響を懸念していることが明らかになったことから、次回3月15~16日のFOMCでの利上げ観測が後退し始め、2月に入り上昇機運が高まった。

これまで金価格の方向を決めてきたのは米金融政策の動向だった。「ドル金利の上昇は金利を生まない金にとってマイナス」というシンプルな分析の下で、ファンドの売り攻勢が続いて来た。その方向性を反映するドル相場に従ってファンドのプログラム売買が組まれており、ドル高はそのまま金売りとして反映されてきた。

この場合のドル相場とは、Iceフューチャーズに上場されているドル指数(DXY)を指す。主要6通貨に対するドルの相対的な価値を示すもので、ファンドのプログラムはこのドル指数を採用している。

最大の焦点は3月のFOMC

当面の最大の焦点は3月のFOMCで利上げを決めるかどうかだ。FOMC委員の発言内容を見る限り、最近の市場の波乱を踏まえ、タカ派を除くと総じてハト派寄りにシフトしているようだ。

それを映し、2月に入ってファンドの買戻し(ショート・カバー)を主体に金はさらに騰勢を強めた。2月2週には、ドイツ銀行に対する信用不安の高まりとWTI原油が再び直近の安値を更新したことから、世界的なリスク・オフ(リスク資産回避)気運が高まり、昨年5月の高値1253.00ドルを突破し、心理的な節目である1,250ドルも軽く突破し1,263.40ドルまで買われることになった。(グラフ参照)

ここまでファンドは過去最高規模のショートを抱えながら、買戻しの決定的な材料のない中で、ショートポジションを維持してきたが、一気に買戻しの動きに出たとみられる。

同時に米商品先物委員会(CFTC)のデータをみると、買い建ても急増しており(フレッシュ・ロングの増加)新規資金の流入も目立っている。現物由来の金ETF(上場投信)への資金流れも見られており、最大銘柄「SPDRゴールド・シェア」の残高も年始から約69トンの増加となった(2月12日時点)。

上昇ピッチ速く過熱気味

先のドル指数は逆に2010年以降の最高値100ポイント近辺から95ポイント台まで急落状態となった。金市場の動きが表しているのは、3月FOMCでの利上げ先送りであり、金融市場の不安心理の高まりといえよう。ただ、上昇ピッチの速さを勘案するならば、相場は過熱気味であり、それは金融市場のセンチメントが過度に悲観に傾いた結果のように思われる。

チャート

《執筆者紹介》

亀井 幸一郎(かめいこういちろう)
マーケット ストラテジィ インスティチュート代表取締役、金融・貴金属アナリスト、1979年中央大学法学部法律学科卒業。山一證券に8年間勤務後、1987年投資顧問会社で日本初のFP会社でもあるMMI入社。1992年ワールド ゴールド カウンシル(WGC/本部ロンドン入社。企画調査部長として経済調査、世界の金情報の収集、マーケット分析、市場調査に従事。2002年現職。「急騰前に金を買いなさい」(廣済堂出版)など

【免責事項】

「週刊日産証券C X レポート」( 以下、本情報と略記) は、株式会社市場経済研究所が提供する一定の条件の下で執筆者が作成したレポートです。

利用者は、本情報を利用者ご自身でのみご覧いただくものとし、ご自身の判断と責任においてご利用ください。本情報は一定の情報を提供するものに過ぎず、特定の銘柄、金融商品、商品価格などについての投資・購買に関する助言や勧誘を目的としたものではありません。また、市場経済研究所は、投資助言・代理業を一切行っておりません。

利用者は、本情報に関して、第三者への提供や再配信、再配布、独自に加工すること、複写もしくは加工・印刷したものを第三者に譲渡または使用させることはできません。また、本情報のウェブページへのリンクは禁止します。その他、市場経済研究所が適当でないと判断する行為をした場合には、利用を停止させて頂くことがあります。

本情報の利用にあたり、利用者が故意または過失により、市場経済研究所および当該執筆者に対して、何らかの損害を与えた場合には、市場経済研究所等は損害賠償請求をすることがあります。

TOPへ