リスク説明(商品デリバティブ取引)

商品先物取引のリスクについて

取引を始める前に商品先物取引のリスクについて、お客様ご自身で十分ご理解・ご検討の上、取引を開始するかどうかのご判断をお願いいたします。
当社ディスクローズ資料は本支店又は当社ホームページ及び日本商品先物取引協会のホームページにて閲覧できます。

商品先物取引のリスクについて

  • 商品先物取引では、商品市場の相場が予測に反して変動したときには損失が発生する場合があります。
  • 商品先物取引は証拠金取引であり、総取引金額は取引に際して預託する証拠金のおおむね1~160倍程度の額となります。そのため、商品市場における相場の変動幅が小さくとも、大きな額の利益または損失が生じることのあるハイリスク・ハイリターンの取引です。
  • また、相場の変動の幅によっては預託した証拠金の額を上回る損失が発生する可能性があります。
  • 相場の変動により損失が一定の額を超えた場合に取引を継続するためには、当初に預託した証拠金に加えて、証拠金を追加して預託することが必要となる場合があります。
  • 「受入証拠金の総額」が「委託者証拠金」を下回ってしまった場合、不足請求が発生します。建玉を決済せず取引を継続するには、翌営業日の正午までに不足額を預託する必要があります。
  • (株)日本商品清算機構は、相場の変動によりプライス・スキャンレンジを見直すことがあります。また、サーキットブレーカーや建玉制限により、お客様の指示に基く取引の執行ができないことがあります。

上記のリスクは、本取引に伴う一般的なリスクについて記載したものですが、これが全てのリスクとは限りません。お取引の開始に際しては、取引の仕組み及びリスクについて十分にご理解いただきますようお願い申し上げます。

TOPへ