先物市場で購入 | 金地金取引

お取引の流れ

当社における金先物取引の流れは次の通りです。

金地金店頭販売の流れ

  • 営業社員が、取引の仕組み、ルール、リスクについてご説明いたします。
  • 契約書面を差し入れていただきます。
  • 口座に証拠金をご入金いただき口座開設手続きは終了です。
  • 口座開設には書類審査があり、審査結果によっては取引をお断りすることもございます。
  • 先物市場で金の買い注文を行います。注文が成立すると買付価格が決定します。
  • 価格変動により委託者証拠金額は異なります。
  • 相場状況によって証拠金の追加預託が必要な場合があります。
  • 当月限の場合、納会月割増額が必要です。
  • 当月限で納会日のある月の15日(以下「指示日」)午後4時までに、現受けを行う旨の申告をしてください。
  • 現受けに係る総取引金額を、指示日の翌々日営業日午後4時までに当社に差し入れてください。
  • 15日(指示日)が休業日の場合は順次繰り上げとなります。
  • 取引所が定める受渡日以降にお渡しできます。
  • 受け取り方法は、「ご来店」か「発送」のいずれかとなります。
  • 発送の場合、発送からお客様のお受け取りまで保険を適用させていただきます。
  • 保険料込みの発送料はお客様負担とさせていただきます。

金地金「現受け」計算例

金地金1kgの「現受け」にかかる諸費用は以下の通りです。

諸費用一覧
1 受渡代金 買い付け価格×1,000倍
2 受渡消費税 (受渡値段×1,000倍)×0.08
3 手数料(税込) 買い付け手数料+受け手数料
4 出庫料(税込) 324円(1kgあたり)
  • 買い付け手数料は、買い付け価格により異なります。
  • 受け手数料は、買い付け手数料と同額となります。
  • 受渡値段とは、当月限の最終帳入値段のことです。

[例] 金2016年4月限を、1グラム4,000円で買い付け、受渡値段4,062円で1kg「現受け」を行った場合の諸経費用は以下の通りです。

受渡代金:4,000円×1,000倍=4,000,000円・・・①
受渡消費税:(4,062円×1,000倍)×0.08=324,960円・・・②
手数料:10,908円+10,908円=21,816円・・・③
出庫料:324円・・・④
合計:①+②+③+④=4,347,100円


東京商品取引所指定ブランド

東京商品取引所の受渡供用品指定ブランドは以下の通りです。

国 名 会 社 名
日本 アサヒプリテック、石福金属興業、住友金属鉱山、田中貴金属工業、中外鉱業、DOWAメタルマイン、徳力本店、日鉱金属 日立製錬所、パンパシフィック・カッパー、古河メタルリソース、松田産業、三菱マテリアル、三井金属工業、日鉱金属 佐賀関製錬所、日鉱製錬
スイス Argor-HeraeusS.A. Argor S.A. Swiss Bank Union Bank of Switzerland Valcambi S.A. Credit Suisse METALOR PAMP UBS AG
オーストラリア Golden West Refining Johnson Matthey Perth Mint AGR
イギリス Engelhard Engelhard-CLAL Johnson Matthey
韓国 LG Metals LG-NIKKO LS-NIKKO
アメリカ Johnson Matthey(SLC) Metalor U.S.A. Asahi Refining USA
カナダ Johnson Matthey Royal Canadian Mint Asahi Refining Canada
フランス Comptoir Lyon Alemand Louyot Engelhard-CLAL
ドイツ Degussa(AG)
香港 Johnson Matthey
南アフリカ Rand Refinery
ウズベキスタン Navoi Mining and Metallurgical Complex

※2017年8月31日現在

TOPへ