取引ルール | 先物・オプション

先物・オプション 取引ルール


ログイン情報

本サービスのご利用には、お客様のログインID・パスワードの入力が必要となります。

口座番号

(ログインID)

お客様のお取引口座に係る数字です。

本サービスのログイン時に入力します。

パスワード

仮パスワードとして、口座開設時にご通知いたしました英数字が設定されています。

本サービスのログイン時に入力します。初回ログイン時等に、パスワード変更画面が表示されます。

取引パスワード

当社よりご案内いたしました英数字が設定されています。

  • 本サービスのお取引に必要な契約や規定への同意、お取引の最終確認時等に入力します。
  • 当社よりご案内した取引パスワードは、初回ログイン時に変更いただきますようお願いします。

安全確保のためにも、パスワード・取引パスワードの定期的な変更をお願いします。セキュリティ強化のため英数字の混在や、桁数を増やしていただくことをおすすめします。

パスワード・取引パスワードを連続して10回誤入力した場合は、ご利用を停止させていただきます。ご利用再開には、ログインロック解除依頼フォーム(詳細は、こちら)よりお手続きが必要となります。手続きが完了するまで本サービスのご利用ができなくなりますので、ご注意ください。

ご利用時間

本サービスは、毎週日曜日(4:00から7:00)を除いてご利用が可能となっています。ただし、以下の場合等は、利用の制限や利用時間、注文受付時間等が異なることがあります。

  • 臨時システムメンテナンス等のため利用を一時停止する場合
  • システム障害により利用を制限する場合
  • 年末年始においてご利用を制限する場合
  • 金融商品取引所が取引時間を変更した場合または個別銘柄の取引時間を制限した場合

契約締結前交付書面の電子交付

本サービスでは、法令諸規則等に基づき予めお客様に交付することが義務付けられている書面等を、電磁的方法により交付します。電子交付にご同意いただけない場合は、本サービスのご利用ができません。

  • 「電子交付サービス取扱約款」にご同意が必要となります。
    初回ログイン時および取扱規定内容の変更等に、電子交付サービス取扱約款が表示されます。内容をご確認いただき、取引パスワードを入力して電子交付サービス取扱約款にご同意いただく必要があります。

取扱商品・取扱限月

通常コース

取扱商品 取扱限月 内訳
日経225先物 13限月

6・12月限:直近10限月

3・9月限:直近3限月

日経225mini 16限月

6・12月限:直近10限月

3・9月限:直近3限月

その他限月:直近3限月

TOPIX先物 直近5限月

3・6・9・12月限:直近5限月

ミニTOPIX先物 直近3限月

3・6・9・12月限:直近3限月

JPX日経インデックス400先物 直近5限月

3・6・9・12月限:直近5限月

日経225オプション 19限月

6・12月限:直近10限月

3・9月限:直近3限月

その他限月:直近6限月

TOPIXオプション 8限月

3・6・9・12月限:直近5限月

その他限月:直近3限月取引

アクティブコース

取扱商品 取扱限月 内訳
日経225先物 直近1限月

直近1限月

日経225mini 直近1限月

3・6・9・12月限:直近1限月

TOPIX先物 直近1限月

直近1限月

※売買最終日から3営業日前の夜間立会より、翌限月も取引可能となります。

取引単位・呼値の単位

取扱商品 取引単位 呼値の単位
日経225先物 1,000倍 10円
日経225mini 100倍 5円
TOPIX先物 10,000倍 0.50pt
ミニTOPIX先物 1,000倍 0.25pt
JPX日経インデックス400先物 100倍 5pt
日経225オプション 1,000倍 50円以下:1円
50円超1,000円以下:5円
1,000円超:10円
TOPIXオプション 10,000倍 20pt以下:0.1pt
20pt超:0.5pt

必要証拠金

通常コース

  • 日経225先物、TOPIX先物、JPX日経インデックス400先物
    SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数
  • 日経225mini、ミニTOPIX先物
    日経225先物、TOPIX先物の10分の1
  • 日経225オプション、TOPIXオプション
    SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数-ネットオプション価値の総額

アクティブコース

  • 日経225先物、TOPIX先物
    SPAN証拠金額×当社が定めるSPAN係数
  • 日経225mini
    日経225先物の10分の1

建玉上限枚数

各取扱商品における建玉上限枚数は、下記のとおりです。建玉は預託証拠金の範囲内となります。

通常コース

  • 指数先物(商品ごとの売建玉と買建玉の合計枚数の上限)
商品

建玉上限枚数

日経225先物
(日経225mini含む)
JPX日経インデックス400先物

2,000枚

TOPIX先物
(ミニTOPIX先物も含む)

2,000枚

先物商品合計上限

2,000枚

  • 建玉上限枚数は、ミニ換算となりますのでご注意ください。
  • JPX日経インデックス400先物は、ミニ銘柄として計算します。
  • 指数オプション(売建玉枚数の上限)
商品

建玉上限枚数

日経225オプション

5枚

TOPIXオプション

5枚

オプション商品合計上限

5枚

  • オプション取引の買建玉に対しては上限を設けておりません。

アクティブコース

  • 指数先物(商品ごとの売建玉と買建玉の合計枚数の上限)
商品

建玉上限枚数

日経225先物
(日経225mini含む)

2,000枚

TOPIX先物

2,000枚

先物商品合計上限

2,000枚

  • 建玉上限枚数は、ミニ換算となりますのでご注意ください。

注文の有効期限

条件

概要

当セッションのみ

日中立会取引または夜間立会のそれぞれのセッションの取引終了まで有効とする条件

週中

発注日からその週の最終営業日の日中立会終了まで有効とする条件

取引最終日まで

取引最終日の日中立会終了まで有効とする条件

期間指定

指定した期間が満了する日の日中立会終了まで有効とする条件
(有効期間は最長30日先まで指定することが可能です。)

注文の受付、訂正、取消

約定後の訂正・取消はできません。また、金融商品取引所への注文の訂正・取消処理が間に合わず、約定が成立する場合があります。この場合は、約定が有効となり、訂正・取消はできません。

追加証拠金(追証)

  • 日中立会終了後の値洗いにおいて、当日の評価損益を含んだ受入証拠金が最低維持証拠金(建玉を維持するのに必要な証拠金額)を下回った場合、翌営業日15時20分までに証拠金の最低維持率(【SPAN証拠金×当社の定める掛目】-【ネット・オプション価値の総額】)を回復させる金額以上の追加証拠金(追証)を本取引口座へ入金しなければなりません。
  • 証券総合取引口座への入金だけでは、追証の対応が完了したことになりません。本取引口座への振替が必要となりますので、ご注意ください。
  • 追証の差入れ期日までに本取引口座への振替が確認できない場合には、当社の任意でお客様の計算により全建玉を強制決済いたします。

入出金

クイック入金

クイック入金は、即時にお客様の先物・オプション取引口座に口座に反映される入金サービスです。夜間や休日でもご利用いただけるため、急ぎ発注したい場合や、日中お忙しい方にも大変便利なサービスです。また、お客様による振込手数料も無料となっています。

  • クイック入金提携金融機関
    みずほ銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、ゆうちょ銀行

クイック入金のご注意

  • ご利用いただくには提携金融機関とインターネットバンキング等の契約が必要です。
  • お手続の途中で提携金融機関の画面を「×ボタン」等で閉じると、実際に振込が完了しても即時に口座へ反映されません。その場合は、口座への反映が翌営業日8時以降となる場合があります。
  • クイック入金は、即時入金を保証するものではございません。処理遅延等による逸失利益等については、お客様のご負担となります。

通常入金(銀行振込によるご入金について)

  • 当社にご入金いただくための振込先口座は、お客様ごとに異なります。口座開設時に当社より郵送されるハガキをご確認ください。振込先口座についてご不明な場合は、カスタマーサポート部までお問い合わせください。
  • お客様のご入金が取引口座に反映されるのは、当社での着金確認後となります。反映までに時間がかかる場合がありますので、時間に余裕をもって振込いただく事をおすすめいたします。
  • 通常入金(銀行振込によるご入金)の場合は、証券総合口座に入金処理が行われます。先物・オプション取引口座へは、トレードツール画面より振替手続きが必要となりますのでご注意ください。

お客様ご登録金融機関へのお振込(出金)

お預り金をお客様のご登録金融機関にお振込みします(当社のお客様口座から銀行等へ)。

振込予定日の指定

  • 平日の15:20までの場合は、翌営業日にお手続きが完了となります。
  • 平日の15:20以降の場合は、翌々営業日にお手続きが完了となります。
  • 休日の場合は、翌営業日の受付となります。

※当社での処理完了後は、取消を承れませんので、予めご了承ください。


ウェブ口座開設で簡単にお申込手続き!

約10分で入力完了!口座開設は無料!

留意事項(株価指数先物・株価指数オプション取引)

取引にかかるリスク

株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引を行うことができるため、差入れた証拠金額以上の損失が発生する可能性があります。株価指数オプション取引は、オプションを行使できる期間に制限があり、また、オプションの市場価格は現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。価格の変動率は、現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。

(株価指数オプション取引における買方特有のリスク)

株価指数オプション取引には期限があり、買方は、権利行使または転売を行わない場合、権利が消滅し、投資資金の全額を失うことになります。

(株価指数オプション取引における売方特有のリスク)

売方は、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、株価指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差入れまたは預託しなければなりません。その後、相場の変動により証拠金の額に不足額が発生した場合、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。売方は、権利行使の割当てを受けた場合、必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算数値(SQ値)の差額を支払う必要があります。

取引にかかる手数料等

通常コース

  • 日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり230円+消費税
  • その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり33円+消費税
  • 株価指数オプション銘柄:約定代金の0.15%+消費税(最低手数料150円+消費税)

アクティブコース

  • 日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり200円+消費税
  • その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり23円+消費税

委託証拠金について

株価指数先物・株価指数オプション取引を行うには、委託証拠金の差入れが必要です。必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)によって計算され、「(SPAN(R)証拠金額×当社が定める証拠金掛目)-ネット・オプション価値総額」となります。

取引額の必要委託証拠金に対する比率

SPANを基に取引全体の建玉から生じるリスクを考慮して算出するため、記載できません。

TOPへ