注文方法 | 先物・オプション

注文方法一覧

執行条件 内容
指値(FAS)

価格の限度を指定して発注し、指定した価格または指定した価格より有利な価格で約定する注文方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を引き続き有効とする条件です。

指値(FAK)

価格の限度を指定して発注し、指定した価格または指定した価格より有利な価格で約定する注文方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を失効とする条件です。

指値(FOK)

価格の限度を指定して発注し、指定した価格または指定した価格より有利な価格で約定する注文方法です。発注数量の全数量が約定しない場合、全数量を失効とする条件です。

最良指値(FAS)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値または買呼値と対当する価格を指定する注文方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を引き続き有効とする条件です。

※発注した際に対当する最良の買呼値または売呼値の指値注文がない場合は失効します。

最良指値(FAK)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値または買呼値と対当する価格を指定する注文方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を失効とする条件です。

最良指値(FOK)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値または買呼値と対当する価格を指定する注文方法です。発注数量の全数量が約定しない場合、全数量を失効とする条件です。

最大指値(FAS)

価格を指定せずに発注し、自動的に値幅上限値(売りの場合は下限値)の指値を発注する注文方法です。

※サーキットブレーカー発動後、値幅制限が変更され値幅上限値(売りの場合は下限値)が変更される場合があります。

不出来引成(FAS)

指値を発注して、発注した同じセッションの引けまでにその注文が成立しなかった場合は、プレ・クロージング開始直後に指値注文を取り消し、成行(FAK)とする注文方法です。

成行(FAK)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値または買呼値と順次対当する注文方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を失効とする条件です。

成行(FOK)

価格の限度を指定せずに発注し、最良の売呼値または買呼値と順次対当する注文方法です。発注数量の全数量が約定しない場合、全数量を失効とする条件です。

引成(FAK)

発注した同じセッションのプレ・クロージングに執行されることを条件とした成行として注文する方法です。発注数量が一部約定して未約定数量が残る場合、残りの数量を失効とする条件です。

引指(FAK)

発注した同じセッションのプレ・クロージング開始直後に有効となる指値(FAK)として注文する方法です。

逆指値

買注文の場合「指定した価格以上になれば買い」、売注文の場合「指定した価格以下になれば売り」という注文方法です。

受注後、指定した条件(トリガー)達成後の注文種類(成行・指値・最良指値・最大指値)を取引所に発注します。

Tick指値

新規注文と同時に、確定していない新規約定価格に対してTICKや円単位での値幅で決済注文を設定する注文方法です。

※本機能は、「IFD注文」・「IFD-OCO注文」でご利用いただけます。

特殊注文

執行条件 内容
OCO

指値注文および逆指値注文を同時に発注し、いずれか一方の注文が成立したら自動的にもう一方の注文が取消される注文方法です。

IFD

新規注文と決済注文予約を同時に発注できる注文です。
一つ目の注文(IF側:親注文)が約定すると、もう一方の注文(DONE側:子注文)が発注されます。

IFD-OCO

新規注文と同時にOCO注文を決済注文予約として発注できる注文方法です。

注文の有効期限

  内容
当セッションのみ

注文を受付けたセッションのみ有効

日付指定

指定日の日中立会終了まで有効

週中 発注営業日の週末営業日の日中立会終了まで有効
取引最終日まで 注文を取消すまで、または当該限月の取引最終日の日中立会終了まで有効

注文の種類・執行条件別の注文受付可否

執行条件 プレ・オープニング、
プレ・クロージング時
立会時間(ザラ場)中
FAS
(指定なし)
FAK FOK FAS
(指定なし)
FAK FOK
指値 ×
最良指値 × × ×
最大指値
成行 ×
引成
引指
不出来引成
最良指値 × × ×
最良指値 × × ×

※「○」:発注可能、「×」:発注不可、「」:設定なし


ウェブ口座開設で簡単にお申込手続き!

約10分で入力完了!口座開設は無料!

留意事項(株価指数先物・株価指数オプション取引)

取引にかかるリスク

株価指数先物・株価指数オプション取引は、対象とする株価指数の変動等により損失が生じるおそれがあります。また、株価指数先物取引は、少額の証拠金で当該証拠金の額を上回る額の取引を行うことができるため、差入れた証拠金額以上の損失が発生する可能性があります。株価指数オプション取引は、オプションを行使できる期間に制限があり、また、オプションの市場価格は現実の株価指数の変動等に連動するとは限りません。価格の変動率は、現実の株価指数の変動率に比べて大きくなる傾向があり、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。

(株価指数オプション取引における買方特有のリスク)

株価指数オプション取引には期限があり、買方は、権利行使または転売を行わない場合、権利が消滅し、投資資金の全額を失うことになります。

(株価指数オプション取引における売方特有のリスク)

売方は、市場価格が予想と反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。また、株価指数オプション取引が成立したときは、証拠金を差入れまたは預託しなければなりません。その後、相場の変動により証拠金の額に不足額が発生した場合、証拠金の追加差入れまたは追加預託が必要となります。売方は、権利行使の割当てを受けた場合、必ずこれに応じる義務があり、権利行使価格と最終清算数値(SQ値)の差額を支払う必要があります。

取引にかかる手数料等

通常コース

  • 日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり230円+消費税
  • その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり33円+消費税
  • 株価指数オプション銘柄:約定代金の0.15%+消費税(最低手数料150円+消費税)

アクティブコース

  • 日経225先物、TOPIX先物:片道1枚あたり200円+消費税
  • その他株価指数先物銘柄:片道1枚あたり23円+消費税

委託証拠金について

株価指数先物・株価指数オプション取引を行うには、委託証拠金の差入れが必要です。必要委託証拠金はSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)によって計算され、「(SPAN(R)証拠金額×当社が定める証拠金掛目)-ネット・オプション価値総額」となります。

取引額の必要委託証拠金に対する比率

SPANを基に取引全体の建玉から生じるリスクを考慮して算出するため、記載できません。

TOPへ