東京商品取引所のシステムについて

2016年9月20日(火)より、東京商品取引所のシステムが日本取引所グループの取引システムに移行いたしました。これに伴い、取引ルールが一部変更されております。立会時間や注文の種類など主なポイントを以下にまとめましたのでご確認ください。


取引時間について

夜間立会が翌朝5:30まで。早朝までじっくりお取引いただけます。

立会時間がさらに長くなり、日中立会は、8:45~15:15、夜間立会は、16:30~翌朝5:30(ゴムは16:30~19:00まで)の時間帯で行われます。

東京商品取引所の立会時間と計算区域のイメージ

トコム立会時間イメージ

夜間立会の取引は翌営業日分の取引として計算されます。即ち、1計算区域は、前日の夜間立会から日中立会終了までとなります。

計算区域とは、取引の「値洗い(各建玉の損益を毎営業日計算すること)」のために計算領域を一つに区切るものです。1計算区域の終了は日中立会終了時となり、1計算区域の「帳入値段」は日中立会終了時に設定されます。休日を挟む場合は、前日の夜間立会と休日明けの日中立会が同じ計算区域となります。


引板合わせ(クロージング・オークション)の導入

寄付だけでなく、引けにも板合わせ取引が行われます。

  • 日中立会は、15時10分にザラバ取引を終了し、5分間の注文受付時間を設けた後、15時15分に引板合わせを実施します。
  • 夜間立会は、午前5時25分にザラバ取引を終了し、5分間の注文受付時間を設けた後、午前5時30分に引板合わせを実施します。
    (ゴムは18時55分にザラバ取引を終了し、19時00分に引板合わせを実施)

ザラバ取引終了から引板合わせまでの5分間は注文受付のみで約定は成立しません。

訂正・取消不可時間帯(NCP:ノンキャンセル・ピリオド)について

板合わせ直前の注文訂正、取消による過度の価格変動を防止する観点から、寄付及び引けに係る板合わせ直前の1分間について、注文訂正・取消注文を受け付けない時間帯(ノンキャンセル・ピリオド:NCP)が導入されます。(新規注文は建ち落ちとも受付可)

NCP(ノンキャンセル・ピリオド)の時間帯
  寄付 引け 備考
日中立会 8:44~8:45 NCP無し  
夜間立会 16:29~16:30 翌朝5:29~5:30 ※ゴムは、18:59~19:00

サーキットブレーカー(CB)制度について

運用ルールが変更されました。

市場状況を勘案しTOCOMが必要と認めた場合、サーキットブレーカー(CB)を発動させます。また、CBの中断時間とCB幅の拡大もTOCOMが必要と認めた時間となります。

即時約定可能値幅の導入について

誤発注等による価格急変の防止の観点から、直前の基準となる値段から所定の値幅(即時約定可能値幅)を超える約定の発生する注文が発注された場合、当該銘柄の取引を30秒間中断する制度(ダイナミックサーキットブレーカー:DCB)が導入されました。

即時約定可能値幅とダイナミックサーキットブレーカー
概要
  • 即時約定可能値幅は基準値段を基に設定されます。
  • 即時約定可能値幅外で注文が対当した場合には、30秒間、立会の一時中断(DCB)を行います。
  • DCB中は注文受付を行い、板合わせから再開されます。

※基準値段は原則として直近約定値段ですが、1回目のDCB解除後の対当値段が、DCB基準値段からDCB値幅の範囲外である場合には、2回目のDCBが発動され、基準値段を2回目のDCBの上限(または下限)価格に更新して取引を再開します。

注意事項
  1. 寄付板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅は設定されません。
  2. 引板合わせ時(日中立会、夜間立会とも)には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。
  3. DCB後の板合わせ時には即時約定可能値幅内で注文が対当した場合に約定が成立します。
  4. サーキットブレーカー後の板合わせ時には即時約定可能値幅は設定されません。
  5. FoKではDCBは発動しません。
  6. 即時約定可能値幅は定期的に見直されます。

DCB発動の例

条件(下図:1 ザラバ)

直近約定値段4,450円、DCB値幅40円(即時約定可能値幅上限4,490円、下限4,410円)、買い注文が4,455円に10枚、4,420円に20枚、4,400円に20枚。

この条件で、4,400円の売りの指値注文(Fas)50枚を発注

ダイナミックサーキットブレーカーのイメージ

結果1(上図:2 DCB発動)

即時約定可能値幅内の注文30枚は約定しますが、下限値段よりも安い4,400円で対当する20枚は約定せず、DCBが発動されます。

結果2(上図:3 取引中断)

基準値段は直近約定値段である4,420円に更新され、30秒間取引を中断。基準値段が更新されたことで即時約定可能値幅も更新されます。

結果3(上図:4 DCB解除)

DCBが解除され、板合わせにより取引が再開され、4,400円で20枚約定します。

(参考)即時約定可能値幅とサーキットブレーカー幅の関係図

サーキットブレーカーとダイナミックサーキットブレーカーの関係図

  • 寄付板合わせ時には即時約定可能値幅は設定されません。
  • ザラバ中は、直近約定値段を基準として即時約定可能値幅が設定されます。
  • 引板合わせ時には即時約定可能値幅が設定されます。

各商品の即時約定可能値幅(DCB値幅)とサーキットブレーカー幅(CB幅)

商品 即時約定可能値幅 サーキットブレーカー幅
金(標準・ミニ・限日・オプション) 40円 800円
1.0円 30.0円
白金(標準・ミニ) 40円 800円
パラジウム 30円 300円
石油市場・中京石油市場 400円 10,000円
ゴム 1.5円 20.0円
一般大豆 500円 4,800円
小豆 100円 700円
とうもろこし 250円 1,500円

2016年9月9日時点

参考情報

東京商品取引所ウェブサイト「サーキットブレーカー幅等について」


アクセスCXはウェブ上で無料口座開設申込!

ユーザー数トップクラス! アクセスCXなら操作もラクラク!お申込は約10分で入力完了!

TOPへ