買いヘッジと売りヘッジ | 法人取引

リスク回避の具体的な方法

仕入価格が上昇しても販売価格を上げることは容易ではありません。また、仕入価格の上昇が予想されていても在庫の積み増しには限界もありますしコストも増加します。

リスク回避イメージ

売りヘッジイメージ

先物市場を利用するということは

実際の現物取引とリスクヘッジのための商品先物取引は、損益の関係では表裏一体の関係

取引イメージ

著しい価格変動は、計画以上の利益を生むこともあれば、逆に計画していた利益が確保できないばかりか、経営を脅かすような損失を発生させてしまうこともあります。

このような思わぬ価格変動によるリスクに保険をかける。保険料は思わぬ価格変動によるリターン。つまり「ラッキーを望まなければアンラッキーを遠ざけられる」ということです。

TOPへ