注文種類一覧|くりっく株365

執行条件 内容
指値 予め価格を指定し、指定価格もしくは指定価格より有利な価格になった時点で約定させる注文です。
成行 価格を指定せずに発注する方法です。
逆指値(成行) 現在の価格を基準として、買いの場合は「以上」、売りの場合は「以下」の価格を指定し、その価格に到達した時点で「成行」注文を発注します。
逆指値(指値) 現在の価格を基準として、買いの場合は「以上」、売りの場合は「以下」の価格を指定し、その価格に到達した時点で「指値」注文を発注します。
IFD 新規注文と決済注文を組み合わせて発注する注文です。新規注文が約定した場合、その新規建玉に対する決済注文が自動的に発注されます。
新規注文が約定しない限り、決済注文は発注されません。
OCO 一つの建玉に対して2つの決済注文(指値注文と逆指値注文)を発注する方法です。
発注時においては指値注文のみが取引所に発注され、指値注文が約定した時点で逆指値注文は自動的に取り消されます。
指値注文が約定しないまま現在価格が逆指値注文の条件に達した場合は、指値注文が取り消されて逆指値注文が発注されます。
IFD-OCO IFD注文とOCO注文の機能を統合した注文です。
新規注文と、その新規注文が約定した場合の建玉に対する決済注文を指値注文と逆指値注文の2パターン発注できます。
IOC 指定した値段かそれよりも有利な値段で、即座に一部あるいは全部を約定させ、成立しなかった注文数量はキャンセルされる注文です。
トレール 発注した逆指値注文に値幅指定を追加する注文です。
逆指値注文を発注するときに値動きに応じて売り逆指値価格を引き上げたり買い逆指値価格を引き下げたりします。
時間指定(成行) 指定した時間に成行注文を発注する方法です。
時間指定(指値) 指定した時間に指値注文を発注する方法です。
建玉整理 両建てしている買建玉と売建玉を、同数量・同値で決済する注文方法です。
※建玉整理の場合は、手数料が発生いたしません。

注文例

指値(さしね)

予め価格を指定し、指定価格もしくは指定価格より有利な価格になった時点で約定させる注文です。

指値(買い)

現在、1ドル=100円。

「1ドル=99円に下がってから買いたい」と考えた場合に、99円の買指値注文を出します。

指値(売り)

現在、1ドル=100円。

「1ドル=101円に上がってから売りたい」と考えた場合に、101円の売指値注文を出します。

成行(なりゆき)

価格を指定せずに発注する方法です。注文が受付けられた時点で約定するため、価格が急騰または急落している場面で有効です。

成行

現在、1ドル=100円。

「今すぐに買いたい(売りたい)」と考えた場合に、成行注文を出します。

逆指値(ぎゃくさしね)

予め価格を指定し、指定価格もしくは指定価格より不利な価格になった時点で注文を発注します。

逆指値(買い)

現在、1ドル=100円。

「101円まで上昇すれば、そのまま更に上昇するだろう」と考えた場合に、101円以上の買逆指値注文を出します。

逆指値(売り)

現在、1ドル=101円。

「100円まで下落すれば、そのまま更に下落するだろう」と考えた場合に、100円以下の売逆指値注文を出します。

IFD

新規注文と決済注文を組み合わせて発注する注文です。新規注文が約定した場合、その新規建玉に対する決済注文が自動的に発注されます。新規注文が約定しない限り、決済注文は発注されません。

IFD(買い)

現在、1ドル=101円。

「100円以下で買い、99円以下に下がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、新規注文と決済注文を一度に出すことができます。

予想通りに価格が上がった場合は、決済して利益を確定することができます。

IFD(売り)

現在、1ドル=99円。

「100円以上で売り、101円以上に上がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、新規注文と決済注文を一度に出すことができます。

予想通りに価格が下がった場合は、決済して利益を確定することができます。

OCO

一つの建玉に対して2つの決済注文(指値注文と逆指値注文)を発注する方法です。発注時においては指値注文のみが取引所に発注され、指値注文が約定した時点で逆指値注文は自動的に取り消されます。指値注文が約定しないまま現在価格が逆指値注文の条件に達した場合は、指値注文が取り消されて逆指値注文が発注されます。

OCO(買い)

現在、1ドル=100円。売りポジションを保有。

「99円以下に下がったら利益を確定し、101円以上に上がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、2つの決済注文を一度に出すことができます。

OCO(売り)

現在、1ドル=100円。買いポジションを保有。

「101円以上に上がったら利益を確定し、99円以下に下がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、2つの決済注文を一度に出すことができます。

IFD-OCO

IFD注文とOCO注文の機能を統合した注文です。新規注文と、その新規注文が約定した場合の建玉に対する決済注文を指値注文と逆指値注文の2パターン発注できます。

IFD-OCO(買い)

現在、1ドル=101円。

「100円以下の価格で買取り、101円以上に上がったら利益を確定し、99円以下に下がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、新規注文とその建玉に対する決済注文を一度に出すことができます。

IFD-OCO(売り)

現在、1ドル=99円。

「100円以上の価格で売出し、99円以下に下がったら利益を確定し、101円以上に上がってしまったら損切りしたい」と考えた場合に、新規注文とその建玉に対する決済注文を一度に出すことができます。

IOC

指定した値段かそれよりも有利な値段で、即座に一部あるいは全部を約定させ、成立しなかった注文数量はキャンセルされる注文です。約定しなかった注文の取消が間に合わず、意図しない値段で約定するリスクを回避できます。

IOC(買い)

取引時間中、直前約定104円。

「106円以下ですぐに買いたい」と考え、IOC買注文で15単位発注した場合:

105円で5単位、106円で7単位が約定し、残り3単位は106円以下で約定できないため、残りの注文は取り消されます。

IOC(売り)

取引時間中、直前約定104円。

「103円以上ですぐに売りたい」と考え、IOC売注文で15単位発注した場合:

104円で3単位、103円で4単位が約定し、残り8単位は103円以上で約定できないため、残りの注文は取り消されます。

トレール

発注した逆指値注文に値幅指定を追加する注文です。逆指値注文を発注するときに値動きに応じて売り逆指値価格を引き上げたり買い逆指値価格を引き下げたりします。

トレール(買い)

相場に合わせてトレールも下がるため、下落トレンドのときは発注されず、反転したときに逆指値注文を出します。

一度切り下がったトレールは上がりません。

トレール(売り)

相場に合わせてトレールも上がるため、上昇トレンドのときは発注されず、反転したときに逆指値注文を出します。

一度切り上がったトレールは下がりません。

時間指定(成行)

指定した時間に成行注文を発注する方法です。「最終的には価格が上がるけれども、直近は下がるかもしれない」と考えた場合に有効です。

時間指定(成行)

買ポジションを保有。

米国の雇用統計の発表が21:30からあり、「発表後に価格が上がる」と考えた場合、NY市場のクローズ前の4:00に決済するように注文することができます。

時間指定(指値)

指定した時間に指値注文を発注する方法です。「最終的には価格が上がるけれども、直近は下がるかもしれない」と考えた場合に有効です。

時間指定(指値)

米国の雇用統計の発表が21:30からあり、「発表後に価格が上がりそうなので、101円以上で売出したい」と考えた場合、NY市場のクローズ前の4:00に決済するように注文することができます。


ウェブ口座開設で簡単にお申込み手続き!

約10分で入力完了!口座管理料、システム使用料は「0円」!

※法人のお客様はこちら

留意事項(くりっく株365取引)

取引にかかるリスク

くりっく株365取引は、取引対象である株価指数の変動等により、損失が生じるおそれがあります。外国市場については、為替変動や地域情勢等により損失を被る場合があります。

また、くりっく株365取引では、有効比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が生じる場合があります。

取引にかかる手数料等

片道1枚あたり140円+消費税

スプレッドは、銘柄ごとに異なり、相場によって変動します。

委託証拠金について

くりっく株365取引を行うには、委託証拠金の差入れが必要です。取引所が定める証拠金基準額と同額とします。

TOPへ